実の母親にストレスを感じた時の対処法 まとめ

(c)polkadot - stock.adobe.com

実の母親にストレスを感じた時の対処法 まとめ

実の母親の存在は育児をする中でありがたいことや心強いことが多いものですが、時にストレスを感じてしまう人も少なくないようです。今と昔では出産・育児に関する考え方が異なりますし、血のつながった家族だからこそ時として遠慮がなくなってしまうからかもしれません。そこで、実母にイライラしたエピソードや、そんなときの対処法をまとめました。

出産・育児について実母とぶつかる人も多い

いい加減にして! 実母から言われて“孫プレッシャー”に感じた言葉3選孫の誕生を今か今かと待ち望んでいる親に対して、プレッシャーを感じている妊活中女性は少なくないでしょう。そんな、孫を熱望する姑や実母からかけられる期待をプレッシャーに感じることを「孫プレッシャー」と呼ぶそうです。特に厄介なのが、実母。姑であれば遠慮して言わないような言葉も、実母であるがゆえ、遠慮なしに言ってくる というケースも多いのです。 それが妊活中女性たちを大いに苦しめています。そこで今回は、“孫プレッシャー”の実態を知ってもらうべく、実の親から言われて“孫プレッシャー”に感じた言葉を妊活経験者の女性たちに聞いてみました。●(1)「子どもはまだ?」「孫はまだ?」『私は結婚が遅かったこともあっ…
余計にストレス!? 里帰り出産で実母にイライラしたエピソード4選こんにちは、ママライターのましゅままです。大きなお腹を抱えて陣痛をドキドキ待つ臨月の生活、出産という大仕事を終えて、体力回復と新生児育児に追われる産褥期。体も心も大きく変化する産前産後は、里帰りをしていろいろなサポートを受けるママも多いと思います。しかし、メリットだけではないのが里帰り出産の難しいところ。助けを求めて里帰りしたはずが……実のお母さんと折り合いがつかず、ストレスを溜めてしまうケースも少なくはないのです。今回は、里帰り出産での実母イライラエピソードをご紹介します。●里帰り出産で実母にイライラしたエピソード●(1)里帰り中にかかったお金を請求された『はじめてのお産で里帰りしました。わ…
姑より厄介かも!? ママたちが悩んだ“実母ストレス”体験談3つこんにちは、佐原チハルです。実家は遠慮せずにくつろげる場所ですが、遠慮がないからこそストレスがたまってしまうこともありますよね。時には歯に衣着せぬ言い方で小言を言ってくる実母に対してイライラしてしまうこともあるでしょう。そこで今回は、ママたちの“実母ストレス体験談”を集めてみました。●(1)“次の子”に対しての要望に遠慮がない『2人目を期待されているな、というのは夫方のご両親と話していても感じるのですが、私に遠慮しているのか直接言われることはありません。でも実の親だと「そろそろ次の子のこと考えたら?」「兄弟がいた方が楽しいでしょう」「一人っ子じゃかわいそう」と、怒涛の勢いです。帰省なんてしなき…
“母乳”が出なくて大ケンカ! 「妊娠・出産」が原因で実母とケンカしたエピソード3選里帰り出産をするママたちは多いですよね。赤ちゃんが生まれてから、通常だと1カ月、長い人だと数ヶ月もいる、ということもよく聞きます。義母だったらお互い遠慮もあるけれど、血のつながった実母となると話は別でしょう。しかし「妊娠・出産」が原因で実母とケンカはしばしばあるようです。ママたちに体験を聞きました。■つわりや寝不足で八つ当たり・「つわりがひどく、私が強くあたってしまい家出騒動に警察も介入してしまった」(28歳/その他/販売職・サービス系)・「夜中の授乳がしんどくて起きれなくて、母に無理やり起こされて腹が立ったので哺乳瓶を投げつけたこと」(30歳/その他/その他)・「はじめての出産で睡眠不足のた…
イライラが絶頂に! 母親からの腹立たしい発言4パターン「あんたの年にはもう産んでいたわ~」親子、とりわけ母と娘の関係は、同性同士ということもあって、ついつい遠慮がなくなってしまいますよね。しかし、うっかり踏み込みすぎてしまうと、相手を傷つけたり関係が悪化してしまうことも……。今回は、女子のみなさんが体験した「母からのイラッとするひと言」をご紹介します。■外見への発言にイライラ・「太っているときに、『小錦』と呼ばれていたこと」(28歳/金融・証券/販売職・サービス系)・「『いつまで若い格好をしているのよ。もうすぐ30歳でしょ』と言われたこと。アラサーになったらおばさんファッションをしなければならない理由が理解できないから」(27歳/機械・精密機器/技術職)・「『腰まわりが張っていてス…

時にはトラブルに発展してしまう例も…

実母からのお金の無心を断れず…孝行娘のトラブルって一生涯の「お金の相談パートナー」、フィナンシャルプランナー(FP)や士業の有資格者を探すサービス「FPCafe」に所属する女性FP4人が、みなさんのお役にたてるコラムを交代で書いていきます!今回は私、タケイ啓子がお送りします。 女性のライフプランは家族や仕事関係など、自分ではどうしようもないことに影響を受けてしまいがち。そんな状況でも自分らしさを保つには、どうしたらよいのでしょうか。 シングル実家暮らしの40代女性、意外なお金の支出先とはN美さん(46歳)がマネー相談にいらしたのは、今から1年ほど前にさかのぼります。その頃は毎月赤字になって支払いに追われ、将来の見通しがつか…
1歳孫刺殺で祖母逮捕 - 実母が子育て協力中のママからは「ハッとした」の声埼玉県さいたま市で、1歳3カ月になる孫の腹部を刺したとして、祖母が殺人未遂の疑いで逮捕された。動機に関しては現時点でまだ明らかになっていないが、子育てを実母や義母に手伝ってもらっているママたちにとっては「ハッ」としたニュースだったのではないだろうか。○実家や義実家に子育てサポートをお願いするケースは多く……実家や義実家が遠方、近居にかかわず、子育てを手伝ってもらっているケースは多い。遠方の場合は、子の夏休みや冬休みといった長期休暇に帰省させ、世話をしてもらう。近辺に実家や義実家がある場合は、保育園やお稽古事の送り迎えなど日常的にサポートしてもらっている場合も多い。33歳2児の母であるAさん(宣…

母親との関係に悩んだら

出産後、母との関係がうまくいかずイライラしています【心屋仁之助 塾】メディアで話題の心理カウンセラー、心屋仁之助さんとその一門があなたの相談に答える「凍えたココロが ほっこり温まる、心屋仁之助 塾」。今回は、「出産後、母との関係がうまくいかずイライラしています」という、ぴょんぴょん(32歳・主婦)に、心屋塾上級認定講師の坂崎ひでこさんからアドバイスをいただきました。■ぴょんぴょんさんのお悩み出産後、母への嫌悪感が募っており、イライラや自己嫌悪などの感情に振り回されています。母は育児のことでまったく頼りにならず、「普通ならもっとアドバイスをくれるのに」「他のお母さんはこんなふうにしてくれるのに」などと負の感情を抱いてしまいます。母の父に対する態度(会話が少なく、…
母の日が過ぎた。とても親孝行する気になれない極寒親子関係に住職が喝 世間には、会うたび楽しい話題で盛り上がる、友達のような親子が多いと言われます。が、その反対に、何も相談できないし、会えば喧嘩ばかりという親子も多いのではないでしょうか。人間だって生物である以上、親離れをしなくてはいけないので、そりが合わないのも当然のこととして受け止めていいのだと思います。 うまくいかない親子関係もある 群れを作って活動する動物だって、親子の縁を切るような辛い試練を与えることがよくあります。もちろんそうしないと血が濃くなってしまうというのもありますが、離れてから生き残る子供は、本当に強い力を身につけた子供だといえます。人間の世界は、それにも増して…
揺れる母と娘の関係を語るイギリスのロングセラーから学ぶこと母親にとって娘が生まれるということは、世界で一番の親友を手に入れることを意味するようなもの。一緒に買い物に行ったり料理をしたりと、そこには父親とは味わえない二人だけの特別な空間・会話が生まれます。しかし当然のことながら、世の中の母親・娘関係が全て上手くいっているわけではありません。勝手に競い、勝手に嫉妬する母親いつも当然のようにそこにいてくれる、やさしい母親。しかし当たり前の関係が「当たり前」でなくなった人達が、母親との確執について語る本がイギリスのアマゾンでロングセラーとなっています。タイトルは『The Daughterhood』。著者のナターシャ・フェンネルさんは彼女の母親が末期ガンに侵さ…
40代になって見えてきた、母との向き合い方若いころはぶつかることが多く、距離の取り方が難しかった母親との関係。40代を迎えたいま、ほどよい距離の取り方がわかってきたように思います。生き方のお手本ともいえる母親の存在。母の日を前に、40代の「子」が向き合うべき母親との関係を考えてみました。うっとうしいとすら思った母親の存在学生から社会人になり、経済的に親から自立した20代。社会人になったことを理由に親元を離れ、ひとり暮らしをはじめた私は、頻繁にかかってくる母からの電話をうとうしいとすら感じていました。家族と過ごす時間よりも、友人や恋人との時間を優先していたあのころ。思春期の反抗期とは異なり、20代は母親との距離の取り方が難しかったように…

キーワードからまとめを探す

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連くらしまとめ

新着まとめ

人気くらしまとめランキング


facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.