ビューティ情報『たった10秒で押すだけで!? お悩み別“エイジングケアのツボ”5選』

2022年5月28日 19:40

たった10秒で押すだけで!? お悩み別“エイジングケアのツボ”5選

クマ、シワ、顔のこわばりなど、気になるお悩みを一刀両断! たった10秒で効果てきめん。整体師の吉田佳代さんが、エイジングケアのツボを教えてくれました。

ツボの押し方&指の形。
指の腹を使い、頭の中心に向かって垂直にツボを押す。1か所のツボをほぐす場合は、両手の指を重ねて行うと、圧をかけやすい。ツボを刺激する時はゆっくりと押すこと。

覚えておきたいエイジングケアのツボ5つ

ツボ その1:目窓(もくそう)
目のクマや小ジワを一掃。明るい目元で、印象激変!
マスク生活で特に目立つのが目元。目の下のクマや目元の小ジワがあると老けた印象に。そんな目まわりをスッキリ整えてくれるのが、「目窓」。目元のトラブルだけでなく、頭痛やめまい改善も期待できる。

たった10秒で押すだけで!? お悩み別“エイジングケアのツボ”5選


瞳孔の真上で、生え際から指2本ほど上にあるツボ。

HOW TO 目窓ほぐし

たった10秒で押すだけで!? お悩み別“エイジングケアのツボ”5選


目窓にそれぞれの人差し指をあてて、7秒かけて押して、3秒かけて緩める。皮膚に対して、垂直に圧をかけるのがポイント。強い力で長く押し続けるともみ返しが起こる場合があるので、心地よいと思える強さで押すこと。

ツボ その2:百会(ひゃくえ)
ストレスを緩和し、マスク疲れを解消。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.