ビューティ情報『医師が教える、脳の老化を防ぐ食習慣』

2018年7月3日 18:00

医師が教える、脳の老化を防ぐ食習慣

が進んでしまうというわけです。

脳は大量に酸素を必要とするにも関わらず、じつは酸化に弱い臓器です。活性酸素が多くなると酸化が進み、脳のシミも増えていくことが知られています。

脳をサビつかせないことも脳の老化を防ぐために非常に重要な要素なのです。

脳の老化を防ぐ食事

糖質入りのものを口にしない

まずは血糖を急激に上げないように気をつけましょう。何はともあれ、砂糖やブドウ糖、ブドウ糖果糖液糖など、糖質が入っている食品や飲み物を口にしないようにすること。

これらは生命維持に必要のない、あくまで「おやつ」です。おやつは食べなくても死にませんので大丈夫。

炭水化物を減らす

Pexels photo 1166387
次に、ご飯やパン、麺類などの炭水化物を減らすこと。これらは「主食」とされていますが、これからは炭水化物を「デザート」、おかずが「主食」と考えを切り替えてください。

炭水化物だけで食事を済ませるのはやめましょう。また、同じ炭水化物でも生成された白米や小麦よりは発芽玄米や雑穀、全粒粉などが◎。栄養価が高く、血糖値も上がりにくいのでおすすめです。

毎食タンパク質を摂取する

Pexels photo 769289


1日に必要なカロリーは、タンパク質と脂質で補いましょう。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.