ビューティ情報『「ラブソルー」ミラノ発“芸術的”香水ラボラトリー再び日本へ、花々の香りのルームフレグランスなど』

2021年7月2日 20:05

「ラブソルー」ミラノ発“芸術的”香水ラボラトリー再び日本へ、花々の香りのルームフレグランスなど

「ラブソルー」ミラノ発“芸術的”香水ラボラトリー再び日本へ、花々の香りのルームフレグランスなど

イタリア・ミラノ発の香水ラボラトリー「ラブソルー(LabSolue)」が再び日本上陸。伊勢丹新宿店、六本木のリビング・モティーフにて、2021年6月30日(水)より順次、期間限定ショップをオープンする。

伊・香水ラボラトリー「ラブソルー」再び日本へ
ラブソルーは、2021年3月日本初上陸したイタリアの香水ラボラトリー。イタリアの化粧品ブランド「マーヴィン(Marvin)」を築いた、マートン家の子孫ジョルジア&アンブラ・マートン姉妹が立ち上げた、いま注目のフレグランスブランドで、洗練された香りとクラシカルなパッケージが魅力的だ。

フレグランスは、フラワーベースの「フラワー(Flower)」、果実ベースの「フルーツ&アロマティックス(Fruits & Aromatics)」、木の香りの「ウッド(Wood)」の3つのコレクションに分類されており、中でもラブソルーを代表する香りとして人気なのが、南アフリカ原産のフリージアに、オレンジフラワーとブラックペッパーを重ねた「12 フレージア」。石けんのような清潔感のある香りで、男女ともに愛されるフレグランスだ。

フレグランスは、古い薬局の瓶などをインスピレーションにデザイン。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.