ビューティ情報『“美人なメイク”に見せるためには…?気をつけたいパーツメイク4つ』

“美人なメイク”に見せるためには…?気をつけたいパーツメイク4つ

2018年4月16日 08:00
 

周りから見て、大人っぽく美人に見せるために行っているメイク。しかしいくつか気をつけておきたいメイクのポイントがあったのをご存知でしょうか?今回はそのメイクのポイントを4つご紹介!

「周りから美人だと思われるようなメイクをしたい!」と思って、美人に見せるメイクをしていても、周りからそう見られなければ意味がありませんよね。それどころか「なんだか顔がきつく見える…」「少しメイクが濃いのでは?」と、マイナスなイメージを持たれてしまうと逆効果。

今回は“美人なメイク”に見せるために気をつけておくべきことをご紹介します。

“美人なメイク”として挙げられることって?

気をつけておきたいパーツメイク:ベースメイク

目次

・気をつけておきたいパーツメイク:ベースメイク
・気をつけておきたいパーツメイク:チーク
・気をつけておきたいパーツメイク:アイメイク
・気をつけておきたいパーツメイク:リップ
ベースメイク

出典:Shutterstock
「これをやっていれば、美人に見える!」と思ってはいても、周りからは好印象ではない場合もあります。

まずは“肌”。「肌はマット肌の方がいいよね」と思っている人。しかし肌にツヤが全然ないと、逆に老けた印象に見えてしまいます。いくら美人に見せるメイクにしたいと思っていても、肌に少しのツヤは必要になるのです。

例えばベースメイクはマット感の出るものを使用し、そのあとパウダータイプのハイライトをCゾーン、Tゾーン、そして下まぶたの下にのせていきましょう。こうすることで、肌に透明感が出るだけではなく、ナチュラルにツヤを出すことができるのです。

「肌にツヤがあるのは若い証拠」と思っている方もいるかと思いますが、あまりにも肌にツヤがないと、美人風というよりかは少し老けた印象に見えてしまうので注意しましょう。

気をつけておきたいパーツメイク:チーク

チーク

出典:Shutterstock
美人メイクはやはり、普段よりも大人っぽく見せたいという方が取り入れるメイクだと思います。そのためベージュ系のチークを使用して、血色感を少しプラスしつつも、大人っぽく見せようとする方もいるでしょう。

しかしベージュ系チークをたっぷりつけてしまったり、使う場所を間違えてしまうと、ローライトと同様の効果がでます。ふっくらさせておきたい頰がふっくら見えず、げっそりとした印象に見えてしまう場合もあるのです。もちろんベージュ系チークを使うことで、必ずそうなるとは限りません。とはいえ、このようなNGメイクを事前に避けるためにも、ベージュ系チークを使用するのであれば、もう少し血色感をプラスしてくれるようなオレンジ系のチークを使用してみましょう。

オレンジ系であれば、ハツラツとした元気な印象から、大人っぽく仕上げてくれるようなチークがあります。

気をつけておきたいパーツメイク:アイメイク

アイメイク

出典:Shutterstock
アイメイクも、切れ長風なアイラインにする方も多いはず。もちろんそれによってキリッとした印象に見せることができますので、大人っぽく見せることはできます。しかし、この時使用するアイライナーの色、そして他のパーツのメイクの濃さによって、少し怖い印象に見えてしまうこともあります。

例えば切れ長にする場合は、アイライナーの色をブラックではなく、ブラウンにしてみるともう少し目元が優しく見えることでしょう。また、もし切れ長アイラインをするのであれば、アイシャドウのグラデーションも横グラデーションにして、切れ長アイラインとのなじみをよくすることで、自然な目元に仕上がります。

気をつけておきたいパーツメイク:リップ

リップ

出典:Shutterstock
美人な雰囲気に見せたいとき、リップもついつい濃いものを使ってしまいがち。しかし濃いものを使ってしまうと、逆に他のパーツメイクが薄く見えてしまい、その結果唇を強調させたメイクになってしまう可能性もあります。

もちろんその時の予定などによって、そのようなメイクがぴったりハマることもありますが、せっかく美人風に見せるために行った他のパーツメイクが目立ちにくくなるのは避けたいですよね。

全体のメイクバランスを考えて、他のパーツも引き立つように、もう少し薄めの色を使用してみましょう。どうしても濃い色をつけたいのであれば、直塗りするのではなく、指の腹に取ってからポンポンと唇にのせていくといいでしょう。そうすることで、濃くついてしまうのを防ぐことができます。

美人メイクに仕上げるために…。特に意識しておきたいこと
美人メイクに仕上げるために
出典:Shutterstock
どうしても美人に見えるようなメイクをしたい…。そんな方は、まずはトータルバランスを考えてみましょう。例えば気になる彼とのデートであれば、「親しみやすさを出したいし、美人風過ぎたらしゃべりづらい?それなら、少し可愛らしさもプラスさせよう」という風に、その日の予定によって、“美人”にこだわるのではなく、少し“可愛さ”もプラスさせてもいいかもしれません。

このようにして普段からメイクを考えてみると、美人メイクも取り入れやすくなります!

美人

出典:Shutterstock
周りから見て“大人っぽい”、“美人”に見せたい!と思いすぎてしまうと、どうしてもNGなメイクになってしまいます。だからこそいくつか美人風なメイクをする上で注意することを頭に入れておきましょう。

特に今回ご紹介したようなポイントは、まさに美人なメイクに仕上げるためには知っておくべきことばかり。ぜひ今後のメイクに役立てて、自分が理想とするメイクを楽しんで!

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.