ビューティ情報『【印象操作メイク】顔型別チーク・ハイ&ローライトの入れ方』

2018年4月29日 10:00

【印象操作メイク】顔型別チーク・ハイ&ローライトの入れ方

丸くて目立つ頬、余白の多い顔、張り出したエラなど顔の輪郭についての悩みは誰しも持っていて、気になるコンプレックスでもありますよね。しかし、そんな悩みを解消して理想の顔型である「卵型」へと導いてくれるのがメイク!
中でもチーク・ハイライト・シェーディングの入れ方を工夫すれば、気になる輪郭の悩みを目立たなくさせてくれるのです。自分の顔型に合わせたチーク・ハイライト・シェーディングの入れ方に挑戦して、コンプレックスと決別しましょう!

理想の顔型とは

目次

・理想の顔型とは
・まずはおさらい。チーク・シェーディング・ハイライトの役割
・「丸顔さん」のためのチーク・シェーディング・ハイライトの入れ方
・「面長さん」のためのチーク・シェーディング・ハイライトの入れ方
・「エラ張りさん」のためのチーク・シェーディング・ハイライトの入れ方
・コンプレックスはメイクで解消できる!
理想の顔型とは
出典:byBirth
人が見て、美しい!と思う絵画は黄金比を応用している、というように、顔型にも美しいとされる黄金比があります。それは、卵型。

具体的には、

  • 目の幅が顔全体の幅の1/5
  • 髪の生え際~眉頭:眉頭~鼻先:鼻先~顎先 = 1:1:1
  • 眉山~顎先:左右の頬骨のでっぱりの幅 = 1:1
この比率を持つ方は理想の卵型の輪郭ということになります。とはいえ、この理想の比率にぴったりな方はそうそういません。なので、メイクで少しでも近づけることで綺麗になれるのです。それだけでなく、自分の顔型の気になるコンプレックスを解消することができますよ。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.