ビューティ情報『ブルーアイシャドウで彩る冬の瞳。古臭くならないためのコツは?』

2020年1月14日 08:00

ブルーアイシャドウで彩る冬の瞳。古臭くならないためのコツは?

透明感のある肌を引き立てるブルーのアイシャドウ。冬の暖色ファッションに粉雪のような彩りを与えてくれる素敵なアイメイクですが、いざ取り入れようとすると、「なんか古臭い感じがする」「バブルのお姉さんになっちゃう!」なんてお悩みに頭を抱えているという方も少なくないですよね。
ブルーアイシャドウが古臭くなってしまうとお悩みの方に朗報です!実はちょっとしたコツをおさえるだけで、冬ファッションにぴったりな垢抜けメイクに仕上がるんです。ブルーアイシャドウの上手な使い方をご紹介します。

古臭く見えちゃう……ブルーアイシャドウが似合わない理由は?

目次

・単色使いしている
・アイホール全体に使っている
・ブルベ肌じゃなくても使いこなせる!
・マットよりラメ多めがおすすめ!
・淡いブルーよりも深みのあるブルーが○
・アイベースとして使って肌に透明感をプラス
・目尻にポイント使いでキリッと引き締まった印象に
・アイライナー代わりに使ってミステリアスな印象に
ブルーアイシャドウが似合わない理由は?
出典:GODMake.

単色使いしている

ブルーアイシャドウが似合わないと思ってしまっている方の多くが、単色のブルーアイシャドウをまぶたに塗って使っているようです。ブルーアイシャドウは発色がはっきりしてるものが多いので、単色で使ってしまうと単調な印象になってしまい、更に派手過ぎる印象を与えてしまうので、なんだかバブルっぽい雰囲気になってしまうんです。

また、日本人の肌色はどんなに色白な方でも黄色寄りです。ビビッドなブルーは日本人の肌のどこにもない要素なので、肌なじみがあまり良くなく、単色で使ってしまうとメイクの中で浮いてしまうんです。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.