ビューティ情報『健康な足作るために…骨質を上げる「ビタミンK」を摂ろう』

2019年8月23日 06:00

健康な足作るために…骨質を上げる「ビタミンK」を摂ろう

(松井先生・以下同)

ロコモを防ぐために、丈夫な筋肉や骨、関節を作るには、日常的な運動だけでなく、必要な栄養素をしっかりと摂取することも不可欠だ。

「筋肉を作るうえでベースとなる栄養素はタンパク質です。筋肉を増やし、脂肪を減らすものを選ぶのが大切です」

それに該当するのが、主に鶏肉、魚、卵、大豆食品、乳製品など。これらの食品に多く含まれる必須アミノ酸が、筋肉のもととなる。

「中高年以上の成人女性が1日に必要なタンパク質は50〜60グラムですが、それは体に吸収される分量。それだけの量を吸収するためには1日100〜150グラムのタンパク質を摂取することが必要です」

丈夫な骨を作るにはカルシウムとビタミンD、さらに骨質を上げてくれるビタミンKも重要だという。カルシウムは乳製品、大豆食品、しらす、めざしなどの小魚類、小松菜、水菜、切り干し大根といった野菜に多く含まれている。1日に500〜600ミリグラムを目安に取るようにしよう。

ビタミンDはカルシウムの吸収を高めるためにも不可欠な栄養素だが、実は筋肉を作る役割もある。サケ、サンマ、ブリなどの魚介類、乾燥しいたけ、しめじなどのきのこ類、緑黄色野菜に多く含まれている。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.