ビューティ情報『マスク着用で“肌トラブル”が多発中…原因を皮膚科医が解説』

2020年9月23日 11:00

マスク着用で“肌トラブル”が多発中…原因を皮膚科医が解説

マスク着用で“肌トラブル”が多発中…原因を皮膚科医が解説


「マスク着用により、肌が荒れる人が増えています。肌の大敵は主に日焼けと摩擦と乾燥ですが、マスクを長時間着用すると、肌に摩擦と乾燥をもたらしてしまいます」

そう教えてくれたのは、内科・皮膚科医の友利新先生。コロナ禍により、マスク着用が重要視され、マスクをしていない人を非難する“マスク警察”まで現れる昨今。しかし、長時間のマスクが原因で、肌に赤みやかゆみ、吹き出物などができてしまうこともーー。

「まず、マスクによる摩擦についてですが、肌が擦れて炎症が起こると、肌のバリア機能が低下します。本来なら外的刺激から肌を守り、肌の水分をキープしてくれる働きですが、この機能が低下すると、肌が乾燥し、外的刺激により吹き出物ができやすくなってしまうのです」(友利先生・以下同)

しかも、呼気や汗により、マスク内は水分で潤っていると思いがちだが、実は大間違い。マスクの中の肌は長時間お風呂に入って、シワシワになってしまったのと同じ状態だというのだ。

「肌がぬれてふやけた状態が続くと、角質の間を埋めている細胞間脂質が溶け出してしまいます。すると、角質の間に隙間ができて、肌のバリア機能が低下してしまうのです。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.