ビューティ情報『科学的に正しい ストレスを消す「おやすみ前ルール3」』

2021年5月8日 11:00

科学的に正しい ストレスを消す「おやすみ前ルール3」

そこで今回堀田先生に解説してもらったのは、おやすみ前の行動習慣によってストレスを軽減し、鬱々とした状況を打破するためのルール。いずれも科学的な研究結果に裏づけられたものだ。すぐ取り入れられる行動なので、ぜひ心がけてみよう。

■SNSの使用は30分以内にとどめる

SNSの使いすぎに注意すれば、孤独感の解消やうつを抑制し、心に幸福感や安定感を与えるという。学生を対象に3週間行った実験では、SNSの使用を1日10分に限定したグループは、いつもどおり制限なく利用したグループにくらべて、孤独感やうつ、不安を抑制する大きな効果が見られた。(ペンシルベニア大学・ハントらの研究)

人は不安になると、不安解消のために誰かを攻撃することで心のバランスを保つ「防衛機制」が発動されるという。

「特に40代以降の中年層は『正しいことを言ってやらねば』と思うがあまり、SNSで過激な発言をしやすい傾向も。長時間使い続けるのは好ましくありません」

■不安を紙に書き出す

不安はあえて紙に書き出すと不安解消に効果的。4日間、1日15分トラウマや悩みを書くグループと、その日にしたことなど普通のトピックスを書くグループに分け経過観察をすると、ネガティブなことを書いたグループが長期的には免疫、自律神経、精神的な苦痛の改善が見られた。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.