ビューティ情報『胸ニキビの治し方と悪化したときの対処法』

胸ニキビの治し方と悪化したときの対処法

目次

・胸ニキビの原因
・胸ニキビの治し方
・悪化した胸ニキビの対処法
・まとめ
胸ニキビの治し方と悪化したときの対処法


胸ニキビとは、鎖骨(さこつ)から胸にできるニキビのことです。胸の皮膚は薄く、色素沈着しやすいため、治療が遅れるとニキビ跡が残ってしまう可能性があります。また、ブラジャーの関係で、バストの周りにもニキビが発生します。意外と身近な胸ニキビについて、原因、治し方、対処法について見てみましょう。

胸ニキビの原因

胸ニキビはなぜできるのでしょうか。ここでは、胸ニキビの原因を解説します。

皮脂や角栓の毛穴づまり
乾燥による皮脂の過剰分泌や、新陳代謝の低下による古い角栓の残留によって、毛穴はつまってしまいます。毛穴につまった皮脂や角栓をエサにして繁殖するのがアクネ菌で、ニキビの原因菌であるとされています。
また、マラセチア菌といったカビの一種もニキビの原因菌です。このメカニズムで発生するニキビは、胸ニキビに限らず顔や首なども同様です。

不潔な衣服や下着
何日も同じブラジャーや洋服を着用すると、胸に雑菌が繁殖しやすくなります。特に、ブラジャーは、胸元を締めつけるため構造上の問題から、ムレやすいという難点があり、ニキビができやすい環境下であるといえるでしょう。

衣服の摩擦
化学繊維を使った衣服が肌にこすれると、その摩擦でダメージが生じることがあります。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.