ビューティ情報『赤ちゃんの食物アレルギーとアトピー性皮膚炎の関係』

2018年6月29日 14:08

赤ちゃんの食物アレルギーとアトピー性皮膚炎の関係

目次

・赤ちゃんのアトピー性皮膚炎と食物アレルギーの関係
・離乳食の開始は肌の状況をみて医師と相談のうえ決める
・赤ちゃんの食物アレルギーは治らないの?
・悪化要因となる食物アレルギーとの関係を把握して、じっくりとコントロールしていきましょう。
赤ちゃんの食物アレルギーとアトピー性皮膚炎の関係


赤ちゃんが発症しやすいアトピー性皮膚炎は、食物アレルギーと密接な関係があり、アトピー性皮膚炎を発症した場合、食物アレルギーによってアトピーの症状が悪化することがあります。アトピー性皮膚炎の適切なケアをするためにも、食物アレルギーによる影響について理解していきましょう。

赤ちゃんのアトピー性皮膚炎と食物アレルギーの関係

アトピー性皮膚炎は個々で異なる原因を避けながら、適切な治療、スキンケアをすることで、日常に支障がでない程度に症状をコントロールすることを治療目標にします。

アトピー性皮膚炎を発症した赤ちゃんは、その他のアレルギー疾患を発症している場合が多く、そのひとつである食物アレルギーにも注意をはらいながら治療を進めていく必要があります。

アトピー性皮膚炎が食物アレルギーを招くこともある
食物アレルギーは乳児に多いアレルギーですが、湿疹があったりアトピー性皮膚炎を発症している場合、食物アレルギーを発症する可能性が高くなることも考えられています。

アトピー性皮膚炎を発症し、乾燥やかゆみによる皮膚のかき壊しによりバリア機能が低下した肌は、アレルゲンが侵入しやすくなり、またIgE抗体が作られやすくなってしまう原因となります。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.