ビューティ情報『<ネオファーマ社・長崎大学の共同研究> 5-ALA最新研究 新型コロナウイルス感染抑制効果を確認 カギは“細胞力” フィジカルとメンタルの向上に』

2022年6月22日 11:00

<ネオファーマ社・長崎大学の共同研究> 5-ALA最新研究 新型コロナウイルス感染抑制効果を確認 カギは“細胞力” フィジカルとメンタルの向上に

5-ALA(5-アミノレブリン酸)の研究・開発・販売をグローバルに展開するネオファーマジャパン株式会社は、長崎大学との共同研究において、5-ALAによる新型コロナウイルス感染抑制効果を確認したとする最新の研究結果を発表しました。

長崎大学では、もともと世界三大感染症であるマラリアの治療薬候補として、5-ALAの効果を確認していました。メカニズムの一つとして病原体の遺伝子が持つG4構造と5-ALAの産物(ヘム、PPIX)の結合が感染を抑制すると考えられており、今回の研究はここから着想を得たものです。

マラリアと同様に、5-ALAの産物がウイルスの増殖を阻害するとの予想から、ネオファーマ社と長崎大学大学院の北 潔教授との共同研究が実施され、新型コロナウイルスの感染抑制効果が確認されました。北教授は『5-ALAの摂取で新型コロナウイルスの増殖が完全に抑えられることが、細胞を用いた試験で確認できました。5-ALAが本来持っているミトコンドリア活性化機能も、新型コロナウイルス感染予防に寄与していると考えられます。5-ALAを摂取し普段から細胞の健康を維持していれば、免疫の最前線がしっかり働きますし、フィジカルもメンタルも元気になります』と解説しています。

新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.