ビューティ情報『日常生活を送りながら、予防医療をサポートする新健康管理システム(ウェルネス・サポートシステム)を日本で初めて社会実装したマンションが竣工。』

2023年3月30日 09:00

日常生活を送りながら、予防医療をサポートする新健康管理システム(ウェルネス・サポートシステム)を日本で初めて社会実装したマンションが竣工。

管理栄養士や公認心理士などがセミナーや栄養指導を実施。また、認知症予防トレーニングやゆがみチェッカーを利用した様々なエクササイズも提案します。
日常生活を送りながら、予防医療をサポートする新健康管理システム(ウェルネス・サポートシステム)を日本で初めて社会実装したマンションが竣工。


病気を予防するという意識と行動が健康寿命への鍵となります。

日常生活を送りながら、予防医療をサポートする新健康管理システム(ウェルネス・サポートシステム)を日本で初めて社会実装したマンションが竣工。


関西医科大学 健康科学センター長
木村 穣 先生

1981年、関西医科大学卒業。医学博士。関西医科大学健康科学科教授。2009年より現職。日本肥満学会認定肥満症専門医、循環器専門医、日本体育協会公認スポーツドクター。

現代医療によりがんや生活習慣病の治療は大きく進歩しました。しかしその治療には限界もあり、費用や時間もかかります。病気になってから慌てるより病気にならないことが、健康寿命に最も有効と考えられています。

関西医科大学健康科学センターではこれまでの予防医学をさらに進化させた病気にならない生活習慣や対処法を健康創生として研究開発してきました。
今回採用される「ウェルネス・サポート健康創生システム」では、個人の注意や努力に頼るのではなく、健康状態を正確に評価するための様々な仕組みを取り入れています。睡眠や歩数などの身体活動は腕時計型の生体センサーをつけているだけで自動的に記録され、日々のデータとして蓄積されていきます。

新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.