子育て情報『体重管理&気分転換にも! 妊娠中のウォーキングについて助産師が回答!』

体重管理&気分転換にも! 妊娠中のウォーキングについて助産師が回答!

目次

・Q.妊婦のウォーキングとはどのくらいの運動量を指すのでしょうか?
・宮川めぐみ助産師からの回答
・妊娠中の運動には散歩やウォーキングなど歩くことがおすすめ!
妊婦さんのお散歩


「気軽に専門家に質問ができて、さらに返信も早い」とママから日々感謝の声が寄せられているベビーカレンダーの人気コンテンツ【助産師に相談】の掲示板。今回は妊娠中のウォーキングに関するご質問です。

Q.妊婦のウォーキングとはどのくらいの運動量を指すのでしょうか?

現在、妊娠18週の30代初産婦です。最近体調が安定してきて動きやすくなってきたので、ウォーキングをしてみたいと思っているのですが、妊婦のウォーキングとはどのくらいの運動量を指すのでしょうか? 近所を散歩するくらいでも良いのでしょうか?
その程度だと個人的に取り組みやすいです。

宮川めぐみ助産師からの回答

無理のない範囲で、おなかの張りを見ながら疲れない程度で始めてみてくださいね。余裕があれば、少し距離を伸ばしてみたり30分程度歩いたりしてもいいと思いますよ。

※参考:ベビーカレンダー「助産師に相談」コーナー

※診断や具体的な治療については医師の指示にしたがってください

妊娠中の運動には散歩やウォーキングなど歩くことがおすすめ!

歩いて移動するときや散歩に出かけるときに、歩くことをウォーキングとして意識するだけでも、妊婦さんに適した運動になります。ウォーキングするときは以下の点を参考にしてください。

・ウォーキング開始前の確認
妊婦さん本人の体調が優れない、あるいはおなかが張っていると感じたら無理に歩くことはやめましょう。天候や季節によっては、屋外にこだわらず、ショッピングモール内など屋内を歩いても良いでしょう。

・ウォーキングのための準備
歩きやすい服装や靴を着用しましょう。妊娠中は足がむくみやすいので、多少サイズを調整できるタイプの靴が良いでしょう。転んだときに両手が使えるように、母子健康手帳、保険証、タオル、水分補給用の飲み物などはリュックに入れて持ち歩きましょう。

・ウォーキング前後のストレッチ
運動効果を上げてけがを防ぐために、ウォーキング前にストレッチをして体を慣らしましょう。ウォーキング中は急な動きはしないで、ペースを上げるときも、落とすときも、徐々におこないましょう。ウォーキング後にもストレッチをして、筋肉をほぐしましょう。

体重管理&気分転換にも! 妊娠中のウォーキングについて助産師が回答!


①ふくらはぎのストレッチ:

手を壁や椅子などにおいて体を支える。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.