子育て情報『消費税増税までもうすぐ!買ったほうがいいもの・買わないほうがいいもの』

消費税増税までもうすぐ!買ったほうがいいもの・買わないほうがいいもの

目次

・大前提として必要なものは買い、不必要なものは買わない
・消費税増税前に買ったほうがいいもの・したほうがいいもの
・消費税増税前に買わないほうがいいもの
消費税増税までもうすぐ!買ったほうがいいもの・買わないほうがいいもの


2019年10月から消費税が原則10%になります。増税前にセールやキャンペーンなど財布のひもを緩めるお店が増えていますが、本当に消費税増税前に買ったほうがいいものは限られています。

今回は、消費税増税前に買ったほうがいいものと買わないほうがいいものを仕訳してお伝えします。

大前提として必要なものは買い、不必要なものは買わない

当たり前のことのようですが、必要なものは買い、不必要なものは買わないことが大前提です。

例えば、10万円(税抜)の品物の消費税増税の2%は2,000円ですが、増税前に購入した場合の品物の総額は108,000円になります。必要なものであれば増税前に2,000円安く買えると判断できますが、不必要なものであれば108,000円の無駄遣いになってしまう可能性もあります。消費税増税前のセールやキャンペーン等に踊らされて不必要なものを買うことにならないかまずは考えられると良いでしょう。

消費税増税前に買ったほうがいいもの・したほうがいいもの

消費税増税前に買ったほうがいいものは、増税後に値下げしないもの・しにくいものが中心となります。

【1】定期券・回数券・航空券・テーマパークや映画館等のチケット

使用期限内に使うことが前提となりますが、消費税増税すると値下げしない場合がほとんどですので、予算や計画を立てた上で、期限内であれば使えるチケット類は増税前に購入すると良いでしょう。期限切れや紛失には注意しましょう。

【2】書籍・カルチャースクール等習い事の費用・保険適用外の治療や健康診断・修理費用・たばこ・市販薬・化粧品等

これらに共通するのは(市販薬や化粧品は一部の商品で値下げとなるものもありますが)値下げをほとんどせず、価格が決まっているものです。価格本体の変更はありませんが、消費税2%分の負担が単純に増えることとなります。歯列矯正やインプラントであれば、100万円を超えるケースも少なくありませんので、予定があれば、増税前に治療が行えるか確認すると良いでしょう。

消費税増税前に買わないほうがいいもの

消費税増税後も支払い総額が変わらないもの、安くなる可能性のあるものは、無理に駆け込んで購入する必要ありません。

【1】食料品等の軽減税率(8%)

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.