子育て情報『長ーい病院の待ち時間。ウチはこれで乗り切っています!【ママの体験談】』

2020年1月11日 14:35

長ーい病院の待ち時間。ウチはこれで乗り切っています!【ママの体験談】

目次

・やっぱりお絵かきボード!
・ペタペタ大好き、シールブック!
・最終手段は、一番のお気に入りを!
・著者:石田文子
病院の待合室のイメージ


1歳の息子が通院している病院の多くは、地域で評判がよく、いつも混んでいます。どこも予約なしの受け付け順での診察なので、頑張って早く行っても1時間半待ちは当たり前。今回は、大人が多い待合室で、できるだけ静かに子どもを待たせるために私がしていることをご紹介します。

やっぱりお絵かきボード!

お絵描きボード


待合室では音の出るおもちゃや動画はできるだけ避けたいですよね。わが家の息子はお絵かきが好きなので、汚れずに繰り返し使える、磁気式お絵かきボードを活用しています。100均でも売られていますが、サイズが小さく壊れやすいので、わが家ではA4サイズのものを購入!

時には一緒に絵を描いたり、息子が描いたものを褒めたりして、30分近くは遊んでくれます。磁気式お絵かきボードは、普段持ち歩いているリュックにいつも入れています。

ペタペタ大好き、シールブック!

シールブックで遊ぶイメージ


コンパクトで、軽く持ち歩くのも簡単! それでいて子どもの食いつきがいい代表アイテムは、シールブックです。

私が使っているのはダイソーで購入したシールブック。人気があるのか、品薄なことが多く、見つけるとまとめて購入しておきます。100円だと、子どもにも気兼ねなく遊ばせてあげられるので気に入っています。また、シールは簡単にはがすことができるので、椅子などに貼ってしまってもすぐにはがせる点もうれしいポイントです。

最終手段は、一番のお気に入りを!

おままごとセット


それでも飽きてしまったときには、最終手段である、わが子が大好きなおままごとのセットを出します。マジックテープでくっついているプラスチックの果物や野菜、プラスチックの包丁のセットで、お出かけのときはいくつかを小さな袋に入れて持ち歩いています。

ザクザク切るときに多少場所が必要な点と、切ったあとバラバラになってしまう点が難点なので、混み具合をみて使用するか判断していますが、椅子の上でも十分楽しめますよ。やはり最後は一番のお気に入りのおもちゃが役に立ちます。

病院などの待ち時間、子どもが騒がないかママは心配ですよね。いくつかお気に入りのおもちゃを持っていくことで、ママのストレスも軽減できます! 通院の際はぜひ試してみてくださいね。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.