子育て情報『春から仕事復帰で保育園に預けるけど母乳はやめる?それとも続ける?』

2020年2月27日 20:05

春から仕事復帰で保育園に預けるけど母乳はやめる?それとも続ける?

目次

・仕事復帰後の母乳育児をどうするか決めるポイント
・赤ちゃんの成長や状況によるポイント
・ママの体調や状況によるポイント
・仕事復帰後も母乳を続けるメリット・デメリット
・赤ちゃんから見たメリット
・赤ちゃんから見たデメリット
・ママから見たメリット
・ママから見たデメリット
・仕事復帰後も母乳を続ける場合の準備や心構えは?
・仕事復帰に向けて断乳する場合の準備や心構えは?
仕事復帰後の母乳のイメージ


春からの仕事復帰を予定しているママで、お子さんが保育園に行く場合、母乳を続けるか、断乳するか悩んでいる方も多いのではないでしょうか? 今回はそんなママに向けて、仕事復帰後の母乳育児のヒントになることをお話しします。

仕事復帰後の母乳育児をどうするか決めるポイント

まずは、母乳育児をどうするか決めるときにポイントとなることを、赤ちゃんの成長や状況、ママの体調や状況に分けていくつか紹介します。

赤ちゃんの成長や状況によるポイント

・月齢(年齢)
・離乳食の進み具合・食べる量
・体重や発達
→1歳未満であれば、離乳食が食べられていても栄養の観点から母乳や育児用ミルクの液体栄養は大切です。完母の方は育児用ミルクへ替えていくこともあります。

・母乳分泌量・授乳回数(特に日中)

→母乳量が多い場合や日中の授乳回数が多い場合は、仕事中に搾乳しないと胸が張ってつらいことがあります。

・授乳状況

→母乳で寝かしつけをしている場合、他の方法(抱っこやトントンするなど)への移行ができるかという課題もあります。

・保育園の搾乳対応の有無

→搾母乳に対応していない園もあるようです。その場合は、保育園にいる間は育児用ミルクになることもあります。

ママの体調や状況によるポイント

・乳房トラブルの有無

→乳腺炎を繰り返している場合、トラブル発生時に体調不良で欠勤することも。

・夜間授乳の回数

→夜間の睡眠が十分にとれないと、翌日の仕事に影響が出ることがあります。

・勤務時間(往復の通勤時間も含めて)

→授乳できない時間が長い場合、勤務中の1〜2回の搾乳が必要になることも。

・搾乳できる場所や時間が確保できるか

→昼休みにトイレや更衣室で搾乳される方が多いようです。

・ママの気持ち

→これが一番大事です。母乳を続けたいか、やめていきたいか、ママの気持ちもポイントになります。

仕事復帰後も母乳を続けるメリット・デメリット

次に母乳を続けるメリットとデメリットについてお伝えします。こちらも赤ちゃんから見たメリット・デメリットと、ママから見たメリット・デメリットに分けてみました。 

赤ちゃんから見たメリット

・感染症にかかりづらくなり、重症化を予防できる
・寝かしつけがしやすい
・ママとのスキンシップ、癒しになる

赤ちゃんから見たデメリット

・特になし

ママから見たメリット

・母乳の免疫で、感染症にかかりづらくなったり、重症化を防ぐ
・子どもが休むことが少なくなり、ママの欠勤も少なくなる
・子どもとのスキンシップ、癒しになる
・母乳育児を長期的に継続することにより、乳がん・卵巣がん・子宮体がんの発生を抑える(長期的効果)

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.