子育て情報『後悔の嵐!1人目出産で恥ずかしい思いをしたので2人目で気をつけたこと』

後悔の嵐!1人目出産で恥ずかしい思いをしたので2人目で気をつけたこと

目次

・1人目を出産した際の大失態
・2人目出産のとき、事前に準備したこと
・2人目のときはこうなった
・関連動画出産ドキュメンタリー
・著者:仲田みいま
トイレの心配をする妊婦さん


私は、1人目を産むときには出産時のうんち事情についてよく知らず、恥ずかしい思いをしました。出産時は気にする間もありませんでしたが、あとになって事前に気にしておけばよかったと後悔の嵐でした。私の1人目の出産時の経験と、それをふまえて2人目の出産時に対策したこと、その結果について紹介したいと思います。

1人目を出産した際の大失態

陣痛が10分間隔になったのは夕方のことでした。産院にかけつけると入院に向けて簡単な検査が始まり、そのなかで「うんちは出た?」と聞かれたので、朝のうちに少し出たことを伝えると、「それなら大丈夫ね」と助産師さんに言われ、安心して出産に臨むことに。

陣痛の間隔が短くなると同時に便意がやってきましたが、私は「これがいきみたくなるということだ」と思いました。さらに実際陣痛がつらくてトイレへ行くことができず、結局ベッドの上で……。

幸い助産師さんが近くにおり、すぐに立ち会いの夫を外へ出してシーツ交換してくださったので夫はよくわからなかったようですが、今思い返してもしバレていたらと思うと恥ずかしくてたまりません。

2人目出産のとき、事前に準備したこと

1人目の出産を終えてから、妊娠中は便秘気味な私の場合は出産前に浣腸して出してもらうべきだったということがわかりました。入院中に浣腸を経験し、浣腸が思ったよりも恥ずかしくないということも。

2人目の出産は別の産院だったのですが、「バースプラン」に出産時の希望を書いて産院に伝えておくシステムだったので、そのなかに「便秘なので出産の前に便を出しておきたい」と書いておきました。

2人目のときはこうなった

出産時のうんちについてバースプランに記載したうえで臨んだ2人目の出産。助産師さんも事前情報から準備してくれていたため、産院についてすぐ浣腸をしてもらい、すっきりした状態で出産に向かうことができました。

陣痛とのかなりきつい戦いのなか、いきみたくなるのが生まれそうなのか、うんちが出そうなのか……なんていう変な心配もいらず出産に集中できたので、恥ずかしがらずに伝えておいてよかったです。 

1人目の出産を経験するまでは考えもしなかったし、誰も教えてくれなかったうんちについて。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.