子育て情報『この行動が命を救う!赤ちゃんが熱中症かも?と思ったらすぐすべきケア』

2020年5月30日 16:30

この行動が命を救う!赤ちゃんが熱中症かも?と思ったらすぐすべきケア

 

今年もすでに夏日や真夏日が続いている地域も。緊急事態宣言が解除され、お散歩や公園など外に出る機会も少しずつ増えているころではないでしょうか?実はそんな時に、注意して欲しいのが熱中症です。急に外に出るようになると体が温度差に対応できなくなることも。特に赤ちゃんは体温調整機能や汗の量を調節する機能が未発達のため、上手に熱が発散できません。そのため熱中症になりやすいのです。赤ちゃんが不機嫌だったり、汗を大量にかいているなど、熱中症かな? と思われるサインが見られたら、ママやパパがとっさにしてあげるべき行動を紹介します。

目次

・すぐするべき応急処置ステップ2
・体を冷やす
・水分補給をする
・シャワーなどで水を浴びさせるのも効果的
・アイテムが手に入ればぜひ活用を


すぐするべき応急処置ステップ2

熱中症⁈と思ったら体内にこもった熱を冷やすことが大切。脱水症状も心配されるので、水分も補給します。

体を冷やす

★涼しい場所に移動させる

エアコンが効いている部屋や、なければ風通しのいい木陰など涼しい場所へ移動させます。エアコンは25〜27度で直接風が当たらないようにしましょう。

★着衣を減らしてあおぐ

体にこもっている熱を放出させる為に、衣類のボタンを外してゆるめたり、肌着を着ているなら肌着1枚にします。風通しをよくしたら、うちわなどであおぎます。

水分補給をする

★おっぱい・ミルク・麦茶などを

基本はおっぱい、ミルクもしくは麦茶などの手持ちの水分があればそれを与えます。離乳食が始まっているのなら、塩分が含まれているBFなどの野菜スープなども効果的です。イオン飲料はパッケージ記載の月齢から飲めますが基本的には通常飲ませている水分が飲めて入れ必要ありません。

★意識がない・吐く時は無理に飲ませない

無理に飲ませようとすると軌道に水分が入ってしまう可能性があるので、無理強いは禁物です。

シャワーなどで水を浴びさせるのも効果的

重症かなと思ったら体を素早く冷やすことが大切。効果的なのがシャワーで水をかけたり、お風呂に水を張ってつけるなどの方法です。足先など心臓から遠い部分からやさしくかけましょう。体幹を触って冷たくなっていたら体を軽く拭いてうちわなどで仰ぎます。

アイテムが手に入ればぜひ活用を

★水で絞っタオルで体を拭く

水で絞ったタオルで体を拭いたり、赤ちゃんの肌を軽くぬらし、うちわなどであおいで体の熱をとります。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.