子育て情報『息子のパンツに緑色のシミが!病院を受診するとシミの正体がわかり…!?』

2021年9月19日 14:00

息子のパンツに緑色のシミが!病院を受診するとシミの正体がわかり…!?

ある日の夕方、いつものように2歳の息子を着替えさせていると、パンツに何か緑色のシミのようなものが……! 汚れかな?と軽く考えていると、2日後には息子がおしっこをするときに痛がるようになりました。すぐに小児科を受診したら「亀頭包皮炎」と診断されホッとしましたが、反省することもありました。

目次

・パンツについた緑色のシミ
・おしっこが泣くほど痛い
・緑色のシミの正体
・受診後の様子
・著者:森井さやか


男の子嫌がる


パンツについた緑色のシミ

ある日の夕方、お風呂に入ろうと2歳の息子のパンツを脱がせたときのことです。ふと脱がせたパンツを見ると、緑色のシミのようなものがパンツについていました。

一瞬疑問に思ったものの、何かの汚れがついたのかな? と軽く考え、特に何も気にしていませんでした。するとそのシミを見つけた2日後の朝、息子が突然「おしっこ痛い!」と言い出したのです。

おしっこが泣くほど痛い

「おしっこ痛い」と息子に言われた私は、最初はどういうことなのか理解していませんでした。ですがそのあとも、トイレに行くたびに泣きながらおしっこをする息子を見て、「性器が痛いのか!」とやっと息子が言った言葉の意味を理解しました。

よくよく見ると、性器が赤く、少し腫れている様子。「これはただごとではない」と、すぐにかかりつけの小児科を受診しました。

緑色のシミの正体

受診した小児科では、尿検査や血液検査をおこなうことに。息子の性器の状態も見てもらい、血液検査の結果を待ちました。1時間ほどして先生から告げられたのは、「亀頭包皮炎」という病名でした。亀頭包皮炎とは、性器を包む皮膚と亀頭の間にバイ菌が入り、炎症を起こしてしまう病気のこと。

先生いわく、子どもの性器は包茎状態なので、特にこの病気になりやすいということでした。予防するには毎日お風呂で性器の皮を少し剥いて、きれいに洗うのが1番と先生からアドバイスをもらい、病院から帰宅。その日の夜はまだおしっこをするのを痛がりましたが、処方してもらった薬を飲ませて様子を見ることにしました。

受診後の様子

病院に行った翌日、薬が効いたのか性器の腫れはおさまり、息子はおしっこを痛がらないようになっていたので、私はホッとしつつも、自分の対処の遅さに反省をしていました。 

また亀頭包皮炎にならないよう、息子にも病状や原因を説明し、「お風呂ではしっかり皮を剥いて洗おうね、汚い手で触らないようにしようね」

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.