子育て情報『「自然に流産を待つことになります」医師が告げた残酷な現実とは? #夫を捨てたい 26』

2021年4月24日 14:30

「自然に流産を待つことになります」医師が告げた残酷な現実とは? #夫を捨てたい 26

人気マンガ家の4児ママ、いくたはなさんの体験談マンガをご紹介します。

「夫を捨てたい。」第26話

平和な日々を過ごしていたある日、夫が「これ、四人目のな流れじゃない?」と、まさかの“もう一人”発言!

保育園入園のタイミングなどの関係から、「半年」と期間を決めて4人目の妊活をスタートすると、4カ月目で陽性反応が! 

2週間後の再受診で医師に「心拍は確認できましたが、赤ちゃんがとても小さくて……」と告げられた! 赤ちゃんは……!?

「自然に流産を待つことになります」医師が告げた残酷な現実とは? #夫を捨てたい 26


「自然に流産を待つことになります」医師が告げた残酷な現実とは? #夫を捨てたい 26


「自然に流産を待つことになります」医師が告げた残酷な現実とは? #夫を捨てたい 26


「自然に流産を待つことになります」医師が告げた残酷な現実とは? #夫を捨てたい 26


「自然に流産を待つことになります」医師が告げた残酷な現実とは? #夫を捨てたい 26


「自然に流産を待つことになります」医師が告げた残酷な現実とは? #夫を捨てたい 26


「自然に流産を待つことになります」医師が告げた残酷な現実とは? #夫を捨てたい 26


「自然に流産を待つことになります」医師が告げた残酷な現実とは? #夫を捨てたい 26


「自然に流産を待つことになります」医師が告げた残酷な現実とは? #夫を捨てたい 26


「今の週数だと打てる手がないので、自然に流産を待つことになります……」

思いがけず告げられた残酷な現実。

「これから一週間どう過ごすかは、お母さんが決めてください。お母さんが納得できるのが一番です」

それって、どう過ごしても結果は変わらないってこと?

おなかの赤ちゃんは……!?

帰宅後、夫と相談して、安静に過ごすことを選択しました。

その後起こった、体調の変化とは?

著者:イラストレーター コミックエッセイ作家 いくた はな
3男1女、4人の兄妹の母。コミックエッセイ作家。書籍『こじらせ処女の初彼氏/光文社』、『夫を捨てたい。/祥伝社』。夫婦関係や子育ての体験談マンガが共感を呼び、Instagramのフォロワーは22万人超!(2021年1月時点)

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.