子育て情報『人生最大の汚点!陣痛でパニックになり、分娩台で絶叫したとんでもない言葉とは…』

人生最大の汚点!陣痛でパニックになり、分娩台で絶叫したとんでもない言葉とは…

初めての陣痛は予想を遥かに超える痛みでした。分娩台で助産師さんに囲まれているなか、あまりの痛みでパニックになってしまい、思わず絶叫。天使の微笑みで励ましてくれていた助産師さんも、さすがにこの発言にはギョッとしていて……。私の出産体験と、そこから学んだ反省点をご紹介します。

目次

・ひとりで耐える陣痛に精神崩壊寸前
・極限状態で大絶叫した言葉とは…
・助産師さん直伝のいきみ方
・著者:米久 熊代


人生最大の汚点!陣痛でパニックになり、分娩台で絶叫したとんでもない言葉とは…


人生最大の汚点!陣痛でパニックになり、分娩台で絶叫したとんでもない言葉とは…


ひとりで耐える陣痛に精神崩壊寸前

コロナ禍での出産だったため、立ち合いは一切禁止でした。その日は私以外にも4人の妊婦さんが出産されていて、助産師さんは大忙し。そのため陣痛室でひとり痛みと闘いました。

陣痛がくるたびに腰が砕け散りそうな激痛に襲われ、少しでも痛みを和らげるため自力で背中を押して何時間も我慢。しかし、終わりの見えない状況をひとりで耐えるには無理があり、あまりの激痛にだんだんと心身ともに追い詰められていったのでした。

極限状態で大絶叫した言葉とは…

お産がなかなか進まなかったため、陣痛促進剤を打って分娩台へ。助産師さん3人と先生に囲まれながら、陣痛促進剤の効果で、今までとは比べものにならない痛みにのたうち回りました。激痛で息がうまく吸えず、溺れてしまったような感覚に陥り大パニック。

しかし、赤ちゃんも頑張っているから私も頑張らなければ……そのために何か叫びたい、と思ったのです。でも何を叫ぶべきかわからず、結果出た言葉が「イクーーーー!!! 」でした。分娩室中に響き渡る猛獣のような声量でそのセリフを大絶叫してしまったのです。

当時は意識もうろうとしていてそれどころではありませんでしたが、今思い返してみると、さすがの助産師さんもびっくりしたような表情をされていました……。

助産師さん直伝のいきみ方

大絶叫をしたにも関わらず、私のいきみ方が下手くそすぎて、赤ちゃんはなかなか出てきませんでした。助産師さんから「陣痛の1番強い痛みがくるタイミングで思いっきりいきんで! いきむときは息を止めて自分のおまたを見る感覚で手すりをつかんで前屈みになって! 目は閉じないで開ける! これを陣痛の1番痛いときに2~3回やり続けて!」とアドバイスをしていただきました。

助産師さん直伝のいきみ方のおかげでパニック状態から少しずつコツを掴み、陣痛が始まってから13時間後、無事に元気な男の子を出産することができたのでした。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.