子育て情報『<危なかった出産>「え?赤ちゃんの心拍が?」医師に告げられた驚愕の事実と判断に動揺した私は…』

<危なかった出産>「え?赤ちゃんの心拍が?」医師に告げられた驚愕の事実と判断に動揺した私は…

パニック障害を抱えるわこさんがいよいよ出産! 人気マンガ「コロナ禍での妊娠が超ハードだった話」の続編です。切迫早産で入院していたわこさん。無事、退院となり、実家で過ごしていました。しかし、妊娠39週のある日、突然激しい腰の痛みに襲われます。過呼吸や発熱の症状も出てきて、両親が救急車を要請。病院へ到着すると、「赤ちゃんには異常はなさそうだが、わこさんの腎臓に炎症が起きている」と言われます。助産師の中川さんが、血圧を測るとそこにはとても低い数値が! あわてて中川さんは医師に伝えにいきました。

すると、産婦人科医がわこさんのところへやってきてー!?

え? 赤ちゃんの心拍が!?

コロナ禍出産、母子共に命が危なかった話 5


コロナ禍出産、母子共に命が危なかった話 5


コロナ禍出産、母子共に命が危なかった話 5


コロナ禍出産、母子共に命が危なかった話 5


コロナ禍出産、母子共に命が危なかった話 5


コロナ禍出産、母子共に命が危なかった話 5


コロナ禍出産、母子共に命が危なかった話 5


コロナ禍出産、母子共に命が危なかった話 5


コロナ禍出産、母子共に命が危なかった話 5


コロナ禍出産、母子共に命が危なかった話 5


コロナ禍出産、母子共に命が危なかった話 5


コロナ禍出産、母子共に命が危なかった話 5


コロナ禍出産、母子共に命が危なかった話 5


コロナ禍出産、母子共に命が危なかった話 5


コロナ禍出産、母子共に命が危なかった話 5


コロナ禍出産、母子共に命が危なかった話 5


産婦人科医はわこさんのところに来るなりこう言いました。

「あのねー、赤ちゃんの心拍が下がってきたので、今から帝王切開しますねー」

赤ちゃんの心拍が下がったことはもちろん、急な帝王切開という展開に驚き戸惑うわこさん。医師のスピーディな説明からも、早急におこなわないといけない状況であることが伝わってきます。

心の準備ができていなかったわこさんは、準備が進むにつれてどんどん手術が怖くなってきました。すると、中川さんが手をぎゅっとにぎってくれて、言いました。

「不安ですよね。大丈夫ですよ。とっても腕のいい先生が手術してくださるので」

中川さんの手に安心するわこさん。わこさんはいよいよ手術室へと運ばれました。そのときも、中川さんはわこさんの手を握ってくれていました。

大勢の医師や医療スタッフたち。手術室のライト。それはドラマで見たような光景でした。

このライトがわこさんが見た最期の光景になった可能性があったことを、この時は想像もしていなかったのです。

◇◇◇

助産師さん曰く、経過が順調な妊婦さんであっても、誰しも帝王切開が必要になる可能性があるそうです。しかし、突然のことだと心の準備ができていないので戸惑いも大きくなってしまいます。できるだけ焦らなくていられるよう、帝王切開について、妊娠中に家族と一緒に知識を深めておけると安心ですね。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.