子育て情報『<赤ちゃんポストで産まれた子>「もう必要ない」親友との別れで告げた言葉に隠された切なすぎる意味』

<赤ちゃんポストで産まれた子>「もう必要ない」親友との別れで告げた言葉に隠された切なすぎる意味

みかん高校生さんは、赤ちゃんポストで生まれ育った後、乳児院を離れ養護施設に預けられます。はじめは慣れずに泣いてばかりでしたが、ようやくシミ姉ちゃんという心強いお友だちができます。しかし子どもたちに対するいきすぎた行動が多いK先生によって、苦しめられることになるのでした。そんなK先生の態度に園長先生は大激怒! 反省したK先生は施設を去ることになります。取り戻した平和な日々でしたが、またもや事件が。シミ姉ちゃんが冷たくしてくるのです。理由もなく無視するシミ姉ちゃんに腹を立てるみかんさん。ところが立ち聞きで、シミ姉ちゃんがお母さんのところに戻ることを偶然知ってしまいます。
みかんさんが悲しまないよう、嫌われてから施設を出るつもりだと先生に話すシミ姉ちゃん。シミ姉ちゃんの本心を知り、このまま離れるわけにはいかないと考えたみかんさんは……?

「シミ姉ちゃん待って!」 自分を思ってくれているシミ姉ちゃんと仲たがいをしたまま施設を去ってほしくなかったみかんさん。一生懸命話しかけますが、シミ姉ちゃんは相変わらず無視してどこかへ行こうとします。そんなシミ姉ちゃんをみかんさんは、強引に抱っこで阻止! やっとシミ姉ちゃんと話ができることになり……?

シミ姉ちゃんがいなくても、もう大丈夫だよ

わたしは赤ちゃんポストで産まれた子325


わたしは赤ちゃんポストで産まれた子326


わたしは赤ちゃんポストで産まれた子326


わたしは赤ちゃんポストで産まれた子327


わたしは赤ちゃんポストで産まれた子328


わたしは赤ちゃんポストで産まれた子329


わたしは赤ちゃんポストで産まれた子330


わたしは赤ちゃんポストで産まれた子331


わたしは赤ちゃんポストで産まれた子332


わたしは赤ちゃんポストで産まれた子333


わたしは赤ちゃんポストで産まれた子334


わたしは赤ちゃんポストで産まれた子335


わたしは赤ちゃんポストで産まれた子336


みかんさんに強引に抱っこされ、尻もちをついてしまったシミ姉ちゃん。振り返ると、みかんさんが大粒の涙を流していることに気づきます。

ようやく自分の目を見てくれたシミ姉ちゃんに、みかんさんは「私にはもうシミ姉ちゃんなんて必要ない」と切り出します。

辛らつな言葉を投げかけるかと思いきや「シミ姉ちゃんだって抱っこできるくらい大きくなったから、もうさびしくなんてない」と言葉を続けます。

いつまでも弱いままの自分では、シミ姉ちゃんは安心して施設を出られない……。そうみかんさんは思ったのでしょう。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.