子育て情報『「シンママと伝えると」不動産屋の口コミに驚愕!内見をキャンセルしたワケは!?<シンママの家探し>』

2023年12月12日 23:25

「シンママと伝えると」不動産屋の口コミに驚愕!内見をキャンセルしたワケは!?<シンママの家探し>

「シンママと伝えると」不動産屋の口コミに驚愕!内見をキャンセルしたワケは!?<シンママの家探し>


結婚7年目で離婚を決断した、29歳のまるたおかめさん。ひとまず、小学校1年生の息子・おまめくんと1歳半の娘・こまめちゃんとともに家を出ることを考えます。引っ越しに際し、潤沢とはいえない予算で物件を探していたおかめさん。やっとの思いで条件に合う物件を見つけ、不動産屋に問い合わせます。すると、早く契約を取りたいのか、峰田と名乗る担当者から前のめりなメッセージが何通も届きました。しかし、「子どもが2人いてシングルマザーになる予定」とメッセージを送ると、パタリと連絡が途絶えたのです。

「シンママだから嫌がられたってこと……?」とショックを受けるおかめさん。しかし、「ここで諦めたら、子どもと3人で住めなくなる」と自身を奮い立たせ、再度、内見をお願いするメッセージを送りました。


その後、内見の約束を取り付けましたが、2日前になっても当日の時間などの案内が届きません。諦めきれないおかめさんは、もう一度、峰田さんに連絡することに。

すると峰田さんから返信が届いたものの、時間の案内がないうえに、簡素な内容で丁寧な連絡とは言い難いものでした。堪忍袋の緒が切れたおかめさんは、ついにキレてしまい……。

不誠実な不動産屋に怒り心頭!

家探し7


家探し5


家探し5


家探し5


家探し5


家探し5


家探し5


「シンママだって伝えてからまともに連絡を返してもらえず、ずっと我慢してたけど……もう、ええわぁっ」

担当を変えてもらおうと考えたおかめさんですが、峰田さんの不誠実な対応は、お店の方針である可能性が頭をよぎります。 

そこで、不動産屋の口コミを確認してみることに。

そこには、峰田さんに対する不満の声や「シングルマザーだと伝えると、内見すらさせてもらえなかった」「小さな子どもがいると、まともに対応してもらえない」などの書き込みがあったのです。

「やっぱ店変えよっ……」

仲介料の安さに魅力に感じていた不動産屋だっため、同じ会社の違う店舗に問い合わせをすることに。

店舗を変えることで、気になっていた物件の内見ができなくなる可能性もありましたが、おかめさんは口コミを見たことで吹っ切れた様子。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.