子育て情報『「そんなの最低じゃん!」自分の家庭を上げて、人の家庭を落とすママ友→ママ友の困った性格に周囲は…』

2024年5月27日 23:05

「そんなの最低じゃん!」自分の家庭を上げて、人の家庭を落とすママ友→ママ友の困った性格に周囲は…

「そんなの最低じゃん!」自分の家庭を上げて、人の家庭を落とすママ友→ママ友の困った性格に周囲は…


チヒロさんは、夫の貴大と3歳の娘リコと暮らす専業主婦。新規分譲のマンションに引っ越し、楽しい毎日を送っていました。そんなある日、夫の上司一家が引っ越してきました。上司一家も3人家族で娘同士も同い年なので、いい関係が築けるだろうと思っていましたが、この上司の妻・ナツミはクセのある人物でした。最初は愛想もよくママ友たちともすぐに打ち解けたのですが、2カ月がたったころから失礼な発言を繰り返すように。それだけでなく、チヒロさんに対しては、夫の仕事のことも引き合いに出してきました。

私ってラッキー!それに比べて…

幼稚園の準備をまったくしていなかったナツミさんから、毎日のように質問攻めにあってうんざりしていたチヒロさん。

夫からお願いされたこともあり、チヒロさんはなんとかそれに付き合って、無事に幼稚園入園を迎えました。


図々しいママ友


図々しいママ友


図々しいママ友


図々しいママ友


図々しいママ友


図々しいママ友


図々しいママ友


図々しいママ友


ナツミさんは結局自分で幼稚園グッズを作ったようですが、「チヒロが手伝ってくれないからすっごい大変だった!」と言ってきました。チヒロさんはその発言にモヤモヤ……。

また、とある日──。

同じ幼稚園のママ友たちと入園申し込みの話をしていると、ナツミさんが会話に乱入。

自分は引っ越してきたので願書を出すために朝早くから並ぶ必要がなかったことをラッキーだといい、雨の日に朝から並んだスダさんに対して「奥さんに並ばせるとか最低!それってDVだよ!」と大声を張りあげました。

幼稚園の準備が無事に終わり、チヒロさんもやっとナツミさんから解放されたと思った矢先に、またまたトラブルの予感。ナツミさんは少し、ほかの家庭の事情に入り込みすぎているように感じますよね。いい人間関係を築くためには、相手から話してきた場合をのぞき、家庭の話題に首を突っ込むことは避けたほうがいいかもしれませんね。


著者:マンガ家・イラストレーター ネギマヨ

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.