子育て情報『産後の血糖値はどうなった?【妊娠糖尿病を乗り越え42歳で出産9】 #ベビカレ春のマンガ祭り』

産後の血糖値はどうなった?【妊娠糖尿病を乗り越え42歳で出産9】 #ベビカレ春のマンガ祭り

ベビーカレンダーをご覧のみなさん、こんにちは。2018年4月生まれの男の子を育てています、じゅのです。

今回は、妊娠糖尿病になってしまったお話の第9話です。

血糖コントロールを続けながら、ついに無事に出産。
これでいったんインスリンとはオサラバ!

じゅの9


妊娠糖尿病と診断されてからここまで、本当にしんどかったです……。

あまりにもこの妊娠後期がつらかったので、本来なら陣痛と分娩の痛みを気にするところですが私はインスリンや息苦しさからの開放感でいっぱいで、痛みなんて吹っ飛んでしまいました。

でも、これですべてが終わったわけではありません。
産後の入院中も血糖値の検査は継続。

妊娠糖尿病は、ほとんどの人は出産をして胎盤が外に出れば血糖値は通常通りに下がるらしいのですが、私はどうなのだろう……?
まれにそのまま糖尿病になる場合もあるそうなので安心はできません。

退院のときには医師から「この数値なら大丈夫そうですね」と言われました。
「大丈夫そうですね」とあいまいに言ったのは、これでハッキリと「糖尿病ではない」とお墨付きをもらったわけではないからです。

まだこれで終わりではないのです。

1カ月後に採血しますのでまた来てくださいと言われました。

退院して家に帰れば育児がスタート。3時間おきのミルクタイムがあるので昼も夜もまともに眠れず、自分の食事もままならない状態では、せっかく栄養指導を受けたのに健康的な食事なんて作れません!

そこで、実家から母親に来てもらってしばらくの間ごはんの準備など手伝ってもらっていました。

今度の検査でも引っかかったらどうしよう……。
妊娠糖尿病からの糖尿病になっちゃったらどうしよう……。

育児が始まったばかりで手一杯なのに、
またあのインスリン投与生活になってしまったら……どうしよう!!

ちゃんと「大丈夫ですよ」と言ってもらえるまでは心配です。

そして1カ月後の検査の結果は……
正常値で問題ないとのことでした!よかった……よかった……!!!

ここまでやって、やっと妊娠糖尿病は終了です。
妊娠後期から出産、そして産後1カ月までは不安の連続のジェットコースターのような日々でした!

次回は最終回、出産後から今に至るまでのことです。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.