防寒のつもりが事故のもとに!? 冬場の子どもの服装に潜む「危険信号」

2018年1月3日 22:00
 

かとうともみ ライター
かとうともみ

寒さが厳しい冬は「風邪をひかないように」と子どもの服装にも気をつかいますよね。でも、防寒のために身につけたアイテムが、思いがけない事故を引き起こすことも。遊びのシーンでは、子どもの服装にもしっかり注意しましょう。

目次

・危険その1.遊具に引っかかって大きな事故に「フード・ひも付きの服」
・危険その2.自転車に乗る時は絶対NG! 「マフラー」
・危険その3.転倒の危険も! 激しい運動には不向きな「ブーツ」
・危険その4.フローリングでは滑りやすい「靴下・タイツ」
防寒のつもりが事故のもとに!? 冬場の子どもの服装に潜む「危険信号」

ⓒbaiajaku-stock.adobe.com


■危険その1.遊具に引っかかって大きな事故に「フード・ひも付きの服」

外遊びのシーンで気をつけたいのが、フードやひものついたパーカー・コート類。何かの拍子でフードやひもが引っ張られると、首がしまってしまう危険性があるのです。特に、滑り台やジャングルジムなど遊具で遊んでいる時にフードなどが引っかかると、大事故につながってしまうことも。

また、首回りだけでなく、ウエスト部分やズボンの裾についたひもも、引っかかったり踏んでしまったりで転倒などの原因になることがあります。

保育園や幼稚園でも「通園の際は、フードやひものついた服は着せないでください」と、あらかじめ決められていることも多いようです。子ども同士が引っ張り合ってケガの原因になることもあるので、小さいうちはできるだけ避けた方が良いでしょう。

■危険その2.自転車に乗る時は絶対NG! 「マフラー」

防寒のためには首元をあたためるのは大切なこと。今の時期、マフラーは欠かせない防寒アイテムですよね。

でも、子どもの場合、時にはマフラーが危ないことも。気づかないうちにどこかに引っかかってしまうと、フードなどと同じように首がしまってしまう危険性があります。特に、自転車・三輪車など車輪の付いた乗り物に乗る時は要注意。万が一ほどけたマフラーが車輪にからまったら、大きな事故につながります。

小さな子どもにはマフラーは避け、輪っか状になっているネックウォーマーやスヌードなどを活用するのがおすすめです。

新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.