2018年12月26日 12:00|ウーマンエキサイト

4回目の受精卵移植、驚きの結果をオットと受け止める【こうして赤子を授かった~中村こてつ不妊治療体験記~ 第44話】

中村こてつ
ライター (イラストレーター・ブロガー)
中村こてつ
確認中:通知を受けよう!
確認中:通知を受けよう!
ポップアップが出ないときは、リロードしてください。
通知方法確認
通知が許可されていません。 確認してください。
+フォロー:通知を受けよう!
フォロー中
確認中:通知を受けよう!
エラー。時間をあけてリロードしてください。
こうして赤子を授かった~中村こてつ不妊治療体験記~

こうして赤子を授かった~中村こてつ不妊治療体験記~

現在2人の子を持つ母、中村こてつです。同じ場所につむじがあるのは、おなじ時に受精した受精卵だからでしょうか。私とオットの不妊治療の体験記をお伝えします。

3回目の受精卵移植失敗の後、心理カウンセリングを受けたことにより、新たな心持ちになれたこてつさん。4回目の移植に臨みました。不妊治療を2005~8年に受けた中村こてつさんの体験談。



4回目の受精卵移植を行いました

カウンセリングを受けた後日、4回目の移植をしました。前回のように管が子宮に入らないなどのトラブルはなく、スムーズに終わりました。

今回も2個移植で、受精卵(1)はグレードBB、受精卵(2)は「収縮中」。

当時、担当してくださった培養士さん曰く、胚盤胞は収縮と拡張を繰り返しながら大きくなっていくとのこと。

収縮したまま移植した卵は、時間がたてば普通の卵と同じようになるかもしれないし、ならないかもしれない。すでに移植して子宮の中なので見ることはできない、などの説明を受けました。

そっか~…。

残りの凍結卵は1回分です。それは今回のものよりも状態は良くないとのこと。グレードは関係ないというけれど、やっぱり気にしてしまいます。とりあえず、今回のものが着床してくれるよう、今は卵の持つ力を信じよう。

その後、黄体補充の注射をして帰宅しました。

4回目ともなると心穏やかに…待てるわけもなく、そわそわしながら迎えた判定日前日。夕方に出血しました。少量でしたが、見た瞬間ガーンとなって、冷静ではいられなくなりました。

4回目の受精卵移植、驚きの結果をオットと受け止める【こうして赤子を授かった~中村こてつ不妊治療体験記~ 第44話】

またか。なんで私だけ。

そんな思いがグルグルと頭の中をかけめぐります。油断すると涙が出そうになりました。腹痛もありました。生理痛とにている痛み…。

今までの移植でホルモン補充をやめる前にリセットすることは一度もなかったので、心の準備もできていませんでした。飲み会だったオットが帰ってきて、出血があったことを説明したら我慢できなくなって涙が出ました。

そのまま翌朝になり、重い気持ちでクリニックへ。診察室に呼ばれ、ドクターから妊娠判定の結果が言い渡されました。

4回目の受精卵移植、驚きの結果をオットと受け止める【こうして赤子を授かった~中村こてつ不妊治療体験記~ 第44話】

結果は「陽性」。

え? 前日、リセットと思って泣いたはずが…。

中村こてつ
中村こてつの更新通知を受けよう!
確認中
中村こてつ
中村こてつの更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
中村こてつ
中村こてつの更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
中村こてつ
中村こてつをフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
中村こてつ
中村こてつの更新通知が届きます!
フォロー中
中村こてつ
中村こてつの更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.