2019年5月28日 20:00|ウーマンエキサイト

赤ちゃんの夜型化が進行中! 夜更かし赤ちゃん・早起き赤ちゃんへの対応【赤ちゃんにもママにも優しい安眠ガイド 第4話】

清水悦子
専門家 (夜泣き専門保育士)
清水悦子
確認中:通知を受けよう!
確認中:通知を受けよう!
ポップアップが出ないときは、リロードしてください。
通知方法確認
通知が許可されていません。 確認してください。
+フォロー:通知を受けよう!
フォロー中
確認中:通知を受けよう!
エラー。時間をあけてリロードしてください。

■早起き赤ちゃんへの対応は?

赤ちゃんの夜型化が進行中! 夜更かし赤ちゃん・早起き赤ちゃんへの対応【赤ちゃんにもママにも優しい安眠ガイド 第4話】

© polkadot - stock.adobe.com


夏が近づくと、朝5時前後に目を覚まし、親を悩ませる赤ちゃんが急に増えてきます。赤ちゃんが朝5時頃に目覚めるのは、朝日に反応していることが多く、これは体内時計がしっかり働いている証拠で、実はとても好ましいことなのです。

光に敏感なタイプの赤ちゃんは、外の明るさに合わせて、夏は起きる時間が早くなり、冬は遅くなります。全体の睡眠時間も、夏は短く、冬は長くなるのは自然なことです。

そうはいっても5時前に起きられたら困るというのが、親の本音ですよね。

そこで、早起き赤ちゃんへの対処法として、私は遮光カーテンをおすすめしています。

遮光カーテンは、夜、街灯や向かいのマンションの明かりが部屋に差し込むのを防ぎ、安眠を促します。朝は、朝日が入ってくるのを防ぐことができ、必要以上に早く起きてしまうのを防ぐことができます。

ただし、注意したいのは、親も起きにくくなるということです。

親も朝日を感じながら、徐々に朝の覚醒に向かうのが通常ですが、それがなくなってしまうので、目覚まし時計などを利用して、かなり意識して起きるようにする必要があります。それができるようであれば、とても便利な文明の利器といえます。

朝、赤ちゃんを起こすときは、起きてほしい時間の10~30分ほど前に、遮光カーテンを全開にして、朝日に反応して自然と目を覚ますように促してあげましょう。

『赤ちゃんにもママにも優しい安眠ガイド』著:清水悦子、監修:神山潤(かんき出版)
★本書のマンガ版『マンガでよくわかる 赤ちゃんにもママにも優しい安眠ガイド 0歳からのネンネトレーニング』も好評発売中です。
清水悦子
清水悦子の更新通知を受けよう!
確認中
清水悦子
清水悦子の更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
清水悦子
清水悦子の更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
清水悦子
清水悦子をフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
清水悦子
清水悦子の更新通知が届きます!
フォロー中
清水悦子
清水悦子の更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.