2019年8月27日 21:00|ウーマンエキサイト

「夏休み明け不登校」子どもが発するSOS、原因、対処法

佐藤栄子
専門家 (心理カウンセラー)
佐藤栄子
確認中:通知を受けよう!
確認中:通知を受けよう!
ポップアップが出ないときは、リロードしてください。
通知方法確認
通知が許可されていません。 確認してください。
+フォロー:通知を受けよう!
フォロー中
確認中:通知を受けよう!
エラー。時間をあけてリロードしてください。

目次

・夏休み明け不登校の兆候、3つのサイン
・夏休み明け不登校「1週間前から親ができること」
・夏休み明け不登校「学校に行けない、その時は?」
・夏休み明け不登校「学校へ行きたくない」原因がはっきりしていたら?
・小学校高学年の不登校、語らない原因とは…
AdobeStock_221659335

© 健二 中村 - stock.adobe.com


「夏休み明け不登校」という言葉をご存じですか?」

長い夏休みが終わり、もうすぐ学校が始まる…。もともと以前から学校に行きたくない思いがある子は、すっかり家でのんびりすることに慣れてしまい、夏休みの終わりにその気持ちが顕在化してくるのです。

「ママ、学校に行きたくない」

突然の子どもの告白に、びっくりするお母さんもいるでしょう。しかし、実はその前から、子どもは危険信号、SOSを発しています。

そんな「夏休み明け不登校」のサイン、それに気づいた時の対処法をご紹介しましょう。

■夏休み明け不登校の兆候、3つのサイン

「学校に行きたくない」。そんな気持ちを抱えている子どもが発しているSOSとして、次のようなサインがあります。

・朝起きられなくなる。

・朝、頭痛がしたりおなかが痛くなる。

・夏休みの終わり頃に「学校に行きたくない」と言い出す。


始業式が近づくに連れ、上記のような症状を子どもは訴え始めます。

先生が怖い、友だちとうまくいかない、給食が苦手…など理由はいろいろでしょうが、低学年になればなるほど、子ども自身もわからないことがあります。
AdobeStock_274818484

© 健二 中村 - stock.adobe.com


最近、注目されている子どものタイプに「ハイリーセンシティブチャイルド(HSC)」というのがあります。アメリカの心理学者エレイン・N・アーロンが提唱したもので、感受性や共感力が高く、刺激に敏感すぎるため、新しい環境や集団生活に慣れるのに時間がかかる子どものタイプです。

一説には5人に1人が当てはまるといわれ、そのために不登校になってしまう場合もあるようです。

佐藤栄子
佐藤栄子の更新通知を受けよう!
確認中
佐藤栄子
佐藤栄子の更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
佐藤栄子
佐藤栄子の更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
佐藤栄子
佐藤栄子をフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
佐藤栄子
佐藤栄子の更新通知が届きます!
フォロー中
佐藤栄子
佐藤栄子の更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.