2019年10月3日 09:00|ウーマンエキサイト

子どもの残りご飯にはある「罠」が…!? 慎重に食べなければならない理由とは【うちの家族、個性の塊です Vol.11】

SAKURA
ライター
SAKURA
確認中:通知を受けよう!
確認中:通知を受けよう!
ポップアップが出ないときは、リロードしてください。
通知方法確認
通知が許可されていません。 確認してください。
+フォロー:通知を受けよう!
フォロー中
確認中:通知を受けよう!
エラー。時間をあけてリロードしてください。
うちの家族、個性の塊です

うちの家族、個性の塊です

夫と、娘(8歳)と、息子(2歳)の4人家族。広汎性発達障害と診断された長女と、夫、息子、私たち家族の面白おかしい日々を綴るコミックエッセイ。笑いとネタの絶えない毎日です。

食事のとき、子どもが食べきれない料理をどうしていますか?

残すのはもったいない…でも自分の口に入れるのも限界がある…。

そんな時わが家では、パパに食べてもらうのがお決まりです。

■子どもたちの残り物に、パパはビクビク

夫「いいよ。まだ余裕で食べれるし」

しかし、気まぐれな子どもたち。
パパが残り物を食べ終わった後に

娘「あぁ~、やっぱり食べようと思っていたのに」夫「今食べ終わったんですけど…。もうちょっと早く言ってよ!」
息子「きーさんのごはんがぁぁぁ~!」夫「ちょ、食べてって言ったじゃん、これは罠なのか!?」
「やっぱり食べたかった」と言われ、泣かれてしまうことがあります。

胃に入ってしまったので、どうすることもできないパパは、困り果ててしまいます。

おかげでパパは、残り物を食べるときはいつも、食べ進めながらビクビクしています。

夫(大丈夫か?食べて大丈夫か?「やっぱりいるから!」って言わないか? もう遊びはじめたし、大丈夫よね?)
そして、ある日…

SAKURA
SAKURAの更新通知を受けよう!
確認中
SAKURA
SAKURAの更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
SAKURA
SAKURAの更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
SAKURA
SAKURAをフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
SAKURA
SAKURAの更新通知が届きます!
フォロー中
SAKURA
SAKURAの更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.