まずい! 母の地雷を踏んでしまった⁈ ~ 私と母の"友人のような関係"が起こしたトラブル(1)~【息子愛が止まらない!! 第21話】


家事も「なるべく自分で」という母の考えのもと、役割分担をするようになります。

家事も「なるべく自分で」という母の考えのもと、役割分担をするようになりました。

もちろん母の役割の方が多いのですが、気がつけば「友人とホームシェアをしている」かのようでした。

というのも、この頃から兄は大学へ行き交友関係もあって家にいる時間は少なくなり、父も平日は基本的にいないのでほぼ母とのふたり暮らしだったのです。

お互いに譲り合ったり協力し合ったり、意見を言い合いながら生活をするのが当たり前に。

そんな不思議な親子の関係を築いたのち、私は大学入学を機に憧れのひとり暮らしを始め、家を出ました。

大学を卒業し、就職、結婚、出産と時は過ぎて…

もともと母とはホームシェアしているような関係だった私にとっては、子育ての最中であっても親にはあまり甘えられませんでした。

本当に自分がどうしようもないぐらい具合が悪くならない限り、呼ぶこともありません。

出産のときでさえ、病院に来てくれると言われて驚いたのを覚えています。

それでも、地元で結婚式や同窓会があるときは、夜も遅くなるので実家に泊まらせてもらっていました。

それは私たちにとって最大級の「甘え」でした。

と言っても3~4ヶ月に一度(一泊のみ)ぐらいの頻度なので、そこまで多いわけではないと思っていたのです。

洗濯や食事も全て自分たちで用意するので、その一泊で母に負担をかけている感覚もありませんでした。

が、今年の夏にトラブルは起きました。
ねここあんな。
ねここあんな。の更新通知を受けよう!
確認中
ねここあんな。
ねここあんな。の更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
ねここあんな。
ねここあんな。の更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
ねここあんな。
ねここあんな。をフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
ねここあんな。
ねここあんな。の更新通知が届きます!
フォロー中
ねここあんな。
ねここあんな。の更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

ウーマンエキサイトで人気のコミックが動画でも!

チャンネル登録よろしくお願いします!

記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.