「恥ずかしさ」が「コンプレックス」に! 私のファーストブラエピソード(後編)【産後太りこじらせ母日記 第56話】

なーみん
ライター
なーみん
確認中:通知を受けよう!
確認中:通知を受けよう!
ポップアップが出ないときは、リロードしてください。
通知方法確認
通知が許可されていません。 確認してください。
+フォロー:通知を受けよう!
フォロー中
確認中:通知を受けよう!
エラー。時間をあけてリロードしてください。
ウーマンエキサイトの読者のみなさんこんにちは! 8歳と4歳のやんちゃ兄弟を育児中のなーみんです。

前回は、ブラジャーコンプレックスになってしまった経緯や学生時代のブラの透け対策について書きました。

今回は、社会人になってからどうしていたのかについて書きたいと思います。

じつは社会人になっても、ブラジャーコンプレックスは克服できませんでした。

誰も気にしていないのはわかっていますが「ブラは恥ずかしいもの」という意識がどうしてもあるんです。

でもある日、私にとっての革命的な商品を見つけました。

■カップつきのタンクトップに出会った

カップつきのタンクトップに出会った

それは某下着メーカーのちょっとおしゃれなカップつきのタンクトップでした。

カップつきのタンクトップ

買ってさっそく着てみたところ、ホールド感もしっかりとあって、だらしなく見えません。

これを機に、私はブラをほとんど着用しなくなりました…(笑)

家族の前でも堂々としていられるし、服の下に着たとしても、透ける心配がない! と、心がふっと軽くなりました。

また、カップつきのタンクトップ以外にも、ファッションの一部として着られるようなブラは、気持ち的に平気でした。

それから、数年後には「ブラトップ」が発売され、さまざまなメーカーさんからも類似品が出るようになりました。

■最近はブラトップとブラを使いわけている

最近はブラトップとブラを使いわけている

ブラを着けなくても何とかなる時代(だと思っている)は、私にとっては最高です(笑)

産後はブラトップ愛用者になってしまい、普通のブラに戻れなくなってしまいました…

でも、最近はブラトップを着用している自分の体型がどうも気になり、下着屋さんで採寸してもらって、ブラを購入しました。

服装によってブラトップとブラを使いわけるようにしたんです。
なーみん
なーみんの更新通知を受けよう!
確認中
なーみん
なーみんの更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
なーみん
なーみんの更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
なーみん
なーみんをフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
なーみん
なーみんの更新通知が届きます!
フォロー中
なーみん
なーみんの更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.