子育て情報『辛いカレー、麻婆豆腐にこれ混ぜるだけ!2歳息子も喜ぶ味に』

2019年4月26日 11:00

辛いカレー、麻婆豆腐にこれ混ぜるだけ!2歳息子も喜ぶ味に

カレーや麻婆豆腐などは、子どもが食べやすいようにマイルドにすると、大人にとっては物足りなくなってしまいます。そのため、同じ料理を2種類用意するなどの手間が発生します。これをワンステップで超簡単に解決する方法をご紹介します!

カレーライスには、コーンスープのもと

目次

・カレーライスには、コーンスープのもと
・麻婆豆腐には、ヨーグルト
・ペペロンチーノには、手づくり唐辛子オイル
辛いカレー、麻婆豆腐にこれ混ぜるだけ!2歳息子も喜ぶ味に


カレーにはコーンクリームスープのもと(粉末)を使います。
使うのはスープの粉だけなので、コーンやクルトンは必要ありません。

使い方は、カレーを大人用に完成させて、子ども用をお皿に取り分けたらコーンスープのもとを振りかけてから軽く混ぜるだけ。ルーの水分に溶けるので加熱する必要はありません。
粉末の量はお好みですが、2歳の息子の場合はティースプーン半分くらいでした。

わが家のカレーはいつも市販のルーの中辛と辛口をミックスして使っています。このレベルの辛さなら問題なくマイルドになります。

初めて試してみたとき、ほんのりコーンスープの香りがして少し不安でしたが、混ぜてしまえば気になりませんでした。息子が食べる瞬間、辛いかな?おいしくないかな?とドキドキしながら見てましたが、まったく違和感なく食べてくれ、さらには日頃ほとんど聞くことのない「おかわり!」を2回も聞くことができました!

なお、大人用をもっと辛くしたい場合には子ども用を取り分けた後のお鍋にチリペッパーや一味唐辛子を入れるといいですよ。

麻婆豆腐には、ヨーグルト

辛いカレー、麻婆豆腐にこれ混ぜるだけ!2歳息子も喜ぶ味に

麻婆豆腐にはヨーグルトを使います。
プレーンの加糖タイプでなるべく酸味の弱いものがオススメです。

使い方は、麻婆豆腐を大人用に完成させて、子ども用をお皿に取り分けたらヨーグルトを入れて混ぜるだけ。こちらも加熱する必要はないので、お皿に取り分けてから作業できます。分量はお好みにより調整してください。わが家では麻婆豆腐と同量くらいを混ぜ合わせました。
うれしいのが、熱い麻婆豆腐も冷たいヨーグルトを入れることで冷めるということ。いただきますのタイミングで、子どもが食べられる温度になりますよ。

わが家の場合、2歳の息子は当然辛味耐性ゼロ、そして私自身は辛いものが好きではない一方で、パパは「辛くない麻婆豆腐なんて気持ち悪い!お腹が痛くなるくらい辛くしてほしい!」というタイプ。
そこで麻婆豆腐を作るときには、中辛程度で作っておいて、子ども用はヨーグルトでマイルドにして、私はそのままの辛さで取り分け。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.