子育て情報『ブランクありママの再就職!成功のための4つの心がまえ』

2019年9月25日 17:30

ブランクありママの再就職!成功のための4つの心がまえ

子育て中のママで「いつか再就職したい」と考える人は87%。
今は売り手市場と言われていますが、「ブランク」がある主婦が本格的な再就職を目指すとき、どんなことに気をつければいいのでしょうか?
離職ブランクのある女性の再就職支援をする「Waris」で、キャリアカウンセラーを務める島谷美奈子さんに話を聞きました。

目次

・1.どんな働き方を選ぶかはじっくり考えて
・2.20代の自分とは違うということを自覚しましょう
・3.再就職が決まる前から、夫や家族にワーママの生活に慣れてもらおう
・4.学歴や年齢よりを気にするよりも、「したいこと」を大事に


ブランクありママの再就職!成功のための4つの心がまえ


「離職ブランクのある人の採用は、5~6年前と比べると活発化しています。多様な人材の採用を進めたい企業にとって、ママの消費者視点、親視点に期待されることもあります」と、心強いコメントをもらいました。しかし、ここで気をつけたいのがママ側の心がまえ。
どんなところに注意しながら再就職の準備を進めればいいのでしょうか。

1.どんな働き方を選ぶかはじっくり考えて

「正社員は待遇がよい一方、部署異動、リーダー職になる可能性もあります。特定の仕事だけに従事したいなら、契約社員やフリーランスという手も」と島谷さん。
今は多様な働き方がある時代。自分の状況に応じて、働き方を考えてみるのは大事なことです。

2.20代の自分とは違うということを自覚しましょう

出産や結婚を理由に退職したのが20代という人もいるでしょう。しかし、そのときと同じ感覚ではNG。
企業にとって正社員の中途採用は“起爆剤”。組織を改善したり、リードする役割を期待されています。
指示待ちの人や、ゆるく働きたいという人を採用したいとは思っていません。体力や記憶力が低下しているという自覚も必要です。

3.再就職が決まる前から、夫や家族にワーママの生活に慣れてもらおう

夫や家族が「応援するよ」と言ってくれるかもしれませんが、心の中で応援するという意味かもしれません。
今のうちから家族と具体的なイメージを共有して家事をシェアする、あるいはアウトソーシングするなどの対策を。
ワーキングマザーの生活に自分はもちろん、家族にも慣れてもらうと安心です。

4.学歴や年齢よりを気にするよりも、「したいこと」を大事に

「高い学歴や、有名企業の前職があっても、待っているだけではチャンスはめぐってこない時代です。
一方『何がしたいか』『何ができるか』と、その理由をしっかりと説明できる人であれば、40代でも50代でも再就職に成功しています」
島谷さんの言うような、何がしたいか、何ができるかわからないという人は、ボランティア活動や、ワークショップ、交流会に参加してみるなど、自分からアクションを起こして見つけにいきましょう。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.