子育て情報『3歳息子が子ども用包丁を使い始めたら理系脳が育ってきた!?』

2019年11月6日 17:30

3歳息子が子ども用包丁を使い始めたら理系脳が育ってきた!?

子ども用包丁を買うきっかけ

目次

・子ども用包丁を買うきっかけ
・子ども用包丁の特徴は…
・基本的な教え方はシンプル。でも「できない」ことにイライラも…
・包丁を使ったことで意外な成長が
3歳息子が子ども用包丁を使い始めたら理系脳が育ってきた!?

お米を研いだり、野菜や果物の皮むきをしたり、漬物を漬けたり、炒め物をしたり…。息子は0歳のころから私がキッチンにいると、すべてを興味深く、そして楽しそうに見つめていました。
そんな彼が、包丁やまな板に興味を持ち出したのは自然な流れでした。
はじめはテーブルナイフを使って、バナナや豆腐を切らせていましたが、ふと、対象年齢3歳頃からの子ども用包丁のことを思い出しました。息子に包丁のことを話すと、「絶対ほしい!やってみたい!」と即答。

わが家で包丁を使うときのルールとして決めたのは…
・自分にも、人にも、包丁を向けない
・包丁はママかパパと一緒のときだけ使う
この2つでした。このほかに「刃物は危ない」ことをハサミやテーブルナイフを使うときから常々言い聞かせていました。
そして、ついに自分用の包丁が自宅に届くと、もう大興奮でした。

子ども用包丁の特徴は…

わが家で購入した包丁は、上級、中級、初級と3段階に分かれている商品で、上級用を購入しました。初級はギザギザのない丸刃で、中級はギザ刃がついており、上級は本格刃できちんと切れる仕様になっていました。
購入前に、テーブルナイフでステーキ肉を切っていたので、中級用では物足りないかな?と思い、上級用を購入しました。刃物メーカーの商品で、とてもよく切れます。

素材:ステンレス
サイズ:縦21.9センチ横4.2センチ幅1.5センチ
重さ:59g
持ち手:パンダのイラスト付き

持ち手が子どもの手の大きさにちょうど良く、しっかりと握れていました。

基本的な教え方はシンプル。でも「できない」ことにイライラも…

3歳息子が子ども用包丁を使い始めたら理系脳が育ってきた!?

子ども用包丁を使い始めた時の息子は3歳9か月。基本的なルールを守れるようになっていたので、包丁を使うには早すぎるといったことはなかったようです。

包丁の使い方は、
1.私のやり方を見せる
2.自分でやらせる
3.問題点を修正する
この3工程をひたすら繰り返しました。今まで私が包丁を使っているのを見たり、自分でもテーブルナイフを使っていたので、言葉で説明するより飲み込みが早かったです。私は園で管理栄養士として勤務しており、まったく包丁を握ったことのない子どもに教える場合も、「添え手の親指を中に入れて、グーに握る」ことは初めに伝えます。
その後、切り方は実践して見せると理解が早いです。言葉で説明をしている間に飽きてしまう子どももいますが、実演は興味をもって見てくれます。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.