子育て情報『遊びながら英語に触れよう!英語講師おすすめのカードゲームが楽しい』

2020年9月5日 11:20

遊びながら英語に触れよう!英語講師おすすめのカードゲームが楽しい

自宅で気軽に子どもに英語を触れさせることができるグッズとしておすすめの海外のカードゲームやボードゲーム。
たくさん種類がありすぎて、どれを選んだらよいか分からないという声をよく聞きます。
私が英語講師を務めている幼児クラスのレッスンでも使いますが、日本のものよりも色鮮やかで、子どもの興味をひきやすく、体感でプレイできるものがたくさんあります。
今回はその中からおすすめのゲームをいくつか紹介したいと思います!

選び方のコツは、説明書を読まなくてもできるもの

英語がちょっと苦手…という場合、できるだけ説明書を読みたくないのでは?
日本語訳がついていればまだいいのですが、英語の説明書はハードルが高い気がしますよね。
そんなときは、日本にもあるルールのゲームだったり、ルールにこだわらずいろいろな遊び方もできるというものだったら、始めやすいのではないかと思います。

・BrainBox AGO ブレインボックス AGO編
英語教材ベストセラー「AGOカードゲーム」と、全世界で有名な10分脳トレゲーム「BrainBox」がコラボしたゲームで、最近、児童英語教師の間ではちょっとした話題です。

目次

・選び方のコツは、説明書を読まなくてもできるもの
・フライングタイガーで発見!インテリアとしてもかわいいカードゲーム
・フォニックスを学べるボードゲームも!
・大切なのは、英語に触れるきっかけ作り


遊びながら英語に触れよう!英語講師おすすめのカードゲームが楽しい


このゲームが面白いのは、決まったルール以外にも年齢や英語レベルに合わせて、たくさんの遊び方ができること!
箱の中には、さまざまなシーンのイラストが描かれたカードが入っています。簡単なものだと例えば、PetsやColorsなど。
このカードを子どもたちに見せて裏に書いてある質問に答えていくというゲームです。
カードを数分見せて、隠してから質問してもいいし、小さい子は見せながら質問してもいいと思います。

遊びながら英語に触れよう!英語講師おすすめのカードゲームが楽しい


裏の質問がまだ難しいようなら、もっと単純に「What’s this?」「What’s color is this?」と単語をどれだけ言えるかというゲームでもいいですね。対戦形式にすれば、子ども達は俄然やる気を発揮します。
時間を計る砂時計もついていますので、時間を計って行っても盛り上がります。

・Verbish
Verb=動詞という意味です。日本語だと「動詞カードゲーム」として紹介されています。このゲームのいいところは【英語が書かれていないこと】。つまり英語の読み書きができる、できないにかかわらずゲームを楽しめるということになります。

遊びながら英語に触れよう!英語講師おすすめのカードゲームが楽しい


基本のルールは、同じイラストのペアを集め、集めたカードのポイントがもっとも多いプレイヤーの勝ちなのですが、そのほか、かるたのように使ったり、トランプの神経衰弱ゲームのように使うことも可能です。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.