子育て情報『発達障害者支援センターってどんな場所?利用方法とサービス内容、専門機関との連携は?』

2016年8月15日 14:00

発達障害者支援センターってどんな場所?利用方法とサービス内容、専門機関との連携は?


発達障害者支援センターとは?

発達障害者支援センターってどんな場所?利用方法とサービス内容、専門機関との連携は?の画像

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10235001071

発達障害者支援センターとは、発達障害のある子ども、大人の方々、またその関係者をサポートするための専門機関です。都道府県や指定都市、社会福祉法人、特定非営利組織によって運営されており、現在は全国に67個のセンターがあります。保健・医療・教育などの機関と連携を取りながら、発達障害のある方や、そのご家族に最適なサービスを提供しています。

障害についての相談ができる場所は、市町村の保健センターや、子どもの場合は児童相談所などもありますが、発達障害者支援センターは、発達障害についての相談に特化していることが特徴的です。


どのような人が利用できるの?

発達障害者支援センターってどんな場所?利用方法とサービス内容、専門機関との連携は?の画像

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10161000604

基本的に利用対象者は、センターのある都道府県に在住している、発達障害がある本人またその関係者となっています。ここでの発達障害とは、自閉症、アスペルガー症候群その他の広汎性発達障害、学習障害、ADHD(注意欠陥・多動性障害)、その他これに類する脳機能の障害であってその症状が通常低年齢において発現するものを指すことが多いです。

対象年齢は各センターごとに異なり、子どもから大人までを対象とするところと、大人の方を中心にサービスを提供するところとがあります。ご利用の際はお住まいの地域にあるセンターにお問い合わせください。


発達障害者支援センターの提供するサービスとは?

発達障害者支援センターってどんな場所?利用方法とサービス内容、専門機関との連携は?の画像

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10175002275

発達障害者支援センターは発達障害に関する様々なサービスを展開しています。以下に紹介する3つの他にも、発達障害への理解をより多くの人に広めるという活動もしており、発達障害に伴う問題・課題解決に尽力している組織です。発達障害についての相談をすることができます。「他人とのコミュニケーションがうまくいかない」や、「集中することが苦手」、「物覚えが悪い」など、日常生活で感じる「生きづらさ」を相談することが可能です。

発達障害に伴う様々な課題について適切な支援を受けることができます。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.