子育て情報『「ボクは赤ちゃんじゃない!」成長を喜ぶ親心が、自閉症の息子を傷つけていた』

2016年11月3日 11:00

「ボクは赤ちゃんじゃない!」成長を喜ぶ親心が、自閉症の息子を傷つけていた


言葉が遅れていた長男。やっと少しずつ話し始めた!

7歳になる長男は、重度の自閉症という診断を受けています。最近まで言葉がほとんど喋れなかったため、長男と意思の疎通をはかることが困難でした。

「ボクは赤ちゃんじゃない!」成長を喜ぶ親心が、自閉症の息子を傷つけていたの画像

Upload By シュウママ

気持ちを口にしてくれない長男に、私や家族は歯がゆい思いをしていました。

けれど、少しずつ指差しをしたり目線が合うようになったりするようになり、ぽつりぽつりと単語のようなものも出始めました。

ある日、私の袖を引っ張り、キラキラと輝くイルミネーションを見て「きれい」と教えてくれました。

次第に「ごはんを食べる前は、いただきますってするんだよ」と伝えると、手をパチンと合わせ、「いただきます」と言うなど、ごく簡単なやり取りもできるようになりました。

7年もの間、私が一方的に叩き続けていた心のドア。長男がこのドアをやっと少し開け、私を招き入れてくれたように感じうれしかったです。

「ボクは赤ちゃんじゃない!」成長を喜ぶ親心が、自閉症の息子を傷つけていたの画像

Upload By シュウママ


たくさんの言葉を覚えたこと。その喜びを夫と共有したい!

物の名前がわかるようになってきた長男は、身の回りの物の名前もぽつりぽつりと口にするようになりました。

学校からの帰宅時「脱いだ靴下は洗濯機に入れようね」と伝えていると「せんたっき」という言葉が自然と出るようになり、「寝る前はテレビを消してね」と伝えれば「テレビ」といつの間にか口にするようになりました。

単語が出てくるにつれて、私は長男がどの程度の言葉を獲得しているのか確認したくて、あちこち指差しました。

「あれは何?」「それは何?」

長男は「とけい」「あし」など、覚えた言葉を次々と答えてくれます。たどたどしい喋り方がまた愛おしく、何度も何度も繰り返して言わせました。

「ボクは赤ちゃんじゃない!」成長を喜ぶ親心が、自閉症の息子を傷つけていたの画像

Upload By シュウママ

そんな時、夫が仕事から帰ってきました。

夫の帰宅はたいてい9時過ぎ。長男は既に寝てしまっている時間になることが多いです。そのため、夫はこの数日で長男の言葉数が増えたことを知りません。私は言葉を話す姿を見てもらいたくて、夫の前でついさっきの質問と全く同じことを長男に聞きました。

「手はどこかな?」「足はどれ?」「時計はどこ?」

「ボクは赤ちゃんじゃない!」成長を喜ぶ親心が、自閉症の息子を傷つけていたの画像

Upload By シュウママ

けれど、長男は答えようとしませんでした。ただじっと私の顔を見つめています。

そんな長男の姿を見た夫が言いました。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.