子育て情報『発達障害の子どもにやさしい!アメリカの「セサミプレイス」が認定自閉症センターに選ばれたわけ』

発達障害の子どもにやさしい!アメリカの「セサミプレイス」が認定自閉症センターに選ばれたわけ

2018年5月28日 11:00
 


行き先の確認は念入りに…「用意周到」を求められるレジャー

関連リンク

・パパの子育て力UP!?理論的に学べるペアレント・トレーニング「ここが良かった」座談会
・「働きたいけど、そばにいたい…」 就労をめぐり揺れ動くママの心 〜 共感の声・みんなのエピソード紹介 〜
・6/17は「父の日」わが家のパパ・私のお父さんはこんな人!発達ナビユーザーのエピソードを紹介
発達障害の子どもにやさしい!アメリカの「セサミプレイス」が認定自閉症センターに選ばれたわけの画像

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10685003403

発達障害の息子と一緒に旅行やレジャー施設などに行くとき、私たち家族は常に先回りして施設の特徴を調べ、息子にとって苦痛な刺激がないかどうかを確認します。

大きな音や明るすぎる照明がないか。疲れたときに休ませる場所はどこにするか。混み具合はどうか。泊まりにしたほうが良いか日帰りにしたほうが良いか。息子は刺激に弱く、すぐに「疲れた」と言って座り込んでしまいます。そんな息子が無理をすることなく、「楽しかった」と言って終わってくれるようなラインを探ります。

こんなとき、「このレジャー施設は発達障害のある子どもにやさしいよ」「このホテルは発達障害の特性に理解があるよ」というようなことが体系的にまとめられている情報があったら、とても助かりますよね。

今回、諸外国の事情を調べていたときに、アメリカでは発達障害のある子どもにやさしい施設に認定を与えていることを知ったのです。認定された施設をまとめてくれている「Autism Travel」というページを見れば、ホテルやレジャー施設などの一覧を見ることができます。

https://autismtravel.com/
Autism Travel - 自閉症者向け旅行サイト(英語)


アミューズメントパークとしては初めて!「セサミプレイス」とは

発達障害の子どもにやさしい!アメリカの「セサミプレイス」が認定自閉症センターに選ばれたわけの画像

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10254011367

「発達障害のある子どもにやさしい施設」の認定は、アメリカのIBCCES(International Board of Credentialing and Continuing Education Standards 資格認定・継続教育基準国際委員会:筆者訳)という団体が行います。同団体の定める条件をクリアすると、「認定自閉症センター(Certified Autism Center)」として認められ、レジャー施設やホテルであればAutism Travelのページに掲載されます。この「認定自閉症センター」に初めて認められたアミューズメントパークが、アメリカ・ペンシルバニア州にある「セサミプレイス」です。ここは、アメリカの子ども教育番組「セサミストリート」のキャラクターのテーマパーク。「セサミストリート」といえば自閉症の女の子のキャラクターが登場したことも話題になりましたね。

https://h-navi.jp/column/article/35026243
セサミストリートに自閉症の新マペット登場!番組制作の背景は?日本では視聴できるの?

アメリカで「認定自閉症センター」として認められるには、働いているスタッフが発達障害についてしっかりと教育を受けている必要があるそうです。では、「セサミプレイス」のスタッフは、実際にどのような訓練を受けたのでしょうか。公式ホームページに記載されている内容によると、スタッフは発達障害の特性にかかわる以下の点について特別なトレーニングを受けているそうです。

・感覚刺激に関する認識
・運動能力
・自閉症に関する基本的知識
・各種プログラムの作成
・ソーシャルスキル
・コミュニケーション
・環境設定
・感情についての認識

また、スタッフがその人の特性に配慮して、乗ることのできる乗り物をピックアップしてくれたり、刺激で疲れてしまった人のためのコームダウンの部屋を準備してくれていたりします。聴覚過敏の人のためにヘッドフォン貸出が行われているほか、パレードでは、身体を触れられることが苦手な人は、キャラクターが直接ハグしたりすることのない列に案内されるのです。

https://sesameplace.com/philadelphia/help/autism-resources/
セサミプレイスホームページ ー 世界で初めて「認定自閉症センター」に認定される(英語)


「分かっている人がいる」という安心感

発達障害の子どもにやさしい!アメリカの「セサミプレイス」が認定自閉症センターに選ばれたわけの画像

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10132106468

今でこそわが家の息子は感覚刺激が不快になると、自分から休憩するようになりました。成長するに従って、自分の限界を認識することができるようになってきたからです。けれども、幼いころはそうはいきませんでした。

水族館に行けば、ボヤボヤとした光と、館内から響く独特の音にやられて、床に這いつくばって動かなくなりました。動物園では、動物の臭いにめまいがしてきてしまい、ずっとおんぶで移動したこともあります。顔は真っ青でした。お祭りに足を運べば、太鼓の音と人混みに吐き気がしてしまい、泣きながら帰りました。

心配して「どうしました?」と声をかけてくださるスタッフの方もいましたが、「すみません、発達障害で…」と答えても「?」という顔をされることが多かったのです。そうすると、なんだか申し訳ないことを言ってしまったような気分になり、「大丈夫です。ちょっと疲れたみたいで」と、そそくさとその場を去ったものです。

そんな時、具体的に何かをしてくれるわけではなくとも、「セサミプレイス」のようにいまパニックを起こしている人が何に苦しんでいるのか「分かっている人がいる」ということ、それがどんなに心強いことか想像に難くありません。

私たち親も、特に何かを配慮をしてもらいたいわけではなく、「知っておいてもらえると、それだけで気持ちが楽」なのです。日本にも、このような認定制度があったら、旅行計画をするときに、もっと気楽に楽しい気持ちでできるかもしれませんね。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.