子育て情報『海外のダウン症児向け言語プログラムをいち早く導入!放課後等デイ・児童発達支援「バンブーワァオ」』

2018年8月8日 11:00

海外のダウン症児向け言語プログラムをいち早く導入!放課後等デイ・児童発達支援「バンブーワァオ」


ダウン症のある子ども向け言語プログラムを、アメリカから導入

海外のダウン症児向け言語プログラムをいち早く導入!放課後等デイ・児童発達支援「バンブーワァオ」の画像

Upload By 発達ナビ施設インタビュー

東京都杉並区、南阿佐ヶ谷駅からほど近い場所にある、ダウン症のある子どもたちを中心に療育を行う、児童発達支援・放課後等デイサービス「bamboo wow(バンブーワァオ)」。2016年にオープンしたこの施設は、2018年7月現在、およそ150名の登録者が在籍しています。

この施設の特色は、海外で実践されている「ラーニングプログラム(LP)」をいち早く導入したこと。LPとは、イギリスの大学でダウン症のある子どもたちのデータを元に開発され、アメリカで発展した言語プログラムです。アメリカでは既に20年近い実績があり、スムーズな言語獲得や認知の向上など、大きな成果が出ているといいます。

このLPを日本に持ち込んだのが「bamboo wow(バンブーワァオ)」代表の矢作桂子さんです。矢作さんは、現在小学6年生と3年生の2人の男の子を育てるお母さん。開設のきっかけは、ダウン症のある次男が生まれたことでした。矢作さんは次男を育てるなかで、あることに気づきます。

“日本では、未就学児への療育は充実しているけれど、小学校へ上がると通えるところが少なくなってしまう…”

また、ダウン症のある子どもに特化したプログラムを受けられる場所が見つけられませんでした。そこで矢作さんは、「ならば、私が」と立ち上がったのです。そして、ダウン症のある子どもに関する教育法や療育をリサーチしていくなかで見つけたのが、LPでした。1984年から1993年の10年間をアメリカで過ごし、英語も堪能な矢作さんは、アメリカに視察に向かいます。

“プログラムをこの目で見てよかったら、プログラムを広められる場所をつくろう”

このときから、既に「bamboo wow(バンブーワァオ)」の構想が矢作さんの頭のなかにぼんやりと描かれていました。アメリカへ視察に出かけたのが2017年6月。この視察を経て構想はさらにはっきりとしたものに。その後、プログラムの日本語翻訳など1年の準備期間を経て、「bamboo wow(バンブーワァオ)」をオープンさせたのです。

http://bamboo-wow.com/
bamboo wow(バンブーワァオ)


アメリカで出会った、ハッピーでいきいきしたダウン症のある若者たち

海外のダウン症児向け言語プログラムをいち早く導入!放課後等デイ・児童発達支援「バンブーワァオ」の画像

Upload By 発達ナビ施設インタビュー

アメリカでの視察で感じたことや「bamboo wow(バンブーワァオ)」

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.