子育て情報『「オウム返し」だってコミュニケーション!特訓の果てに気づいた自閉症息子の、伝えたい気持ち』

2019年2月7日 07:00

「オウム返し」だってコミュニケーション!特訓の果てに気づいた自閉症息子の、伝えたい気持ち


スパルタ特訓時代

『発達障害に生まれて』(松永正訓著/中央公論新社)ノンフィクションのモデルとなった立石美津子です。

わが子がしゃべらない…、言葉が少ない…、変な言葉遣いをすると、周りの子が上手にしゃべっているのを見て焦ったり、比べてしまったり。つい「言葉」だけにスポットを当ててしまい、「わが子の言葉を増やそう!」と必死になってしまうのではないでしょうか?

かつての私もそうでした。でも、言葉を増やそうとすればするほど、やたら“オウム返し”が増えるだけでした。

母「これは葉っぱよ、葉っぱ」
子「これは葉っぱよ。葉っぱ」

母(怖い顔になり)「そうじゃなくて、葉っぱ!」
子「そうじゃなくて、葉っぱ」

母(更に怖い顔になり)「葉っぱ!」
子「葉っぱ」

母は「やっとできるようになった」とホッとします。
しかし!この訓練により、オウム返しが定着してしまい…。

母「お名前はなんですか」
子「お名前はなんですか」

母「お名前はなんですか。立石勇太でしょ!」
子「お名前はなんですか。立石勇太」(質問者の言葉までセットで言ってしまう)

となってしまい、ガッカリ。そんな経験ありませんか?

母「お名前を教えてください」
子「…(無言)」
という風に、質問の仕方を少し変えるだけで、途端に固まってこともあります。

以前、息子とタクシーに乗ったときのことです。

運転手さんに、「僕のお名前は?」と聞かれた息子は、「山田太郎※」とタクシーの運転手のネームプレートを読み上げました。オウム返しが減ってからも、会話がなかなか噛み合いません。

※ここでは仮名にしています


言葉を話す意味

よく考えてみると、言葉って単語が増えるだけではダメで、「相手と関わりたい」という強い動機があって発達していくもの。

電車の型番、国の名称、リンゴの銘柄を「王林、ジョナゴール、シナノスイート、世界一、富士…」と唱えていても…「ママ、今日は電車に乗ってお出かけしたい」とか「「お母さん、このリンゴ美味しそうだね。買って~買って~」とはなかなか言ってくれないものです。

英語だって英単語を山ほど知っていても、「外国人と話したい」という動機がなければ、英会話は上達はしません。これと少し似ているのではないかと思います。


息子がしゃべりはじめたきっかけ

「オウム返し」だってコミュニケーション!特訓の果てに気づいた自閉症息子の、伝えたい気持ちの画像

Upload By 立石美津子

息子が5歳、うどん屋に行ったときのことです。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.