子育て情報『【発達凸凹キッズあるある】小さな成長が大きな喜びに――3組の親子の「できたね!」エピソード集Vol.2』

2019年5月17日 17:00

【発達凸凹キッズあるある】小さな成長が大きな喜びに――3組の親子の「できたね!」エピソード集Vol.2


子育てフェスタで「子育てあるある」エピソード募集

【発達凸凹キッズあるある】小さな成長が大きな喜びに――3組の親子の「できたね!」エピソード集Vol.2の画像

Upload By 発達ナビ編集部

発達が気になるお子さんとの毎日は、楽しいこと、うれしいこと、そしてちょっと大変なこと…いろんな出来事があり、ママパパの心も膨らんだり、ときにはしぼんでしまったりすることもあるのではないでしょうか。

そこで編集部は、2019年3月に開催した「子育てフェスタ2019」の会場で、「発達凸凹キッズあるある募集」と題し、エピソードの募集をさせていただきました。そこで集まったエピソードからいくつか厳選し、発達ナビの連載ライター陣によってコミックエッセイ化し、2回に分けてご紹介します。

後編となる今回は、子育ての一場面を切り取った、3つの「成長エピソード」をご紹介します。


イスに座ることも拒否だった娘、療育に通って2年の変化(4歳の女の子)

【発達凸凹キッズあるある】小さな成長が大きな喜びに――3組の親子の「できたね!」エピソード集Vol.2の画像

Upload By 発達ナビ編集部

4歳になる娘には知的障害があり、発語はありません。

2歳で療育に通い始めたころは、ギャーギャー泣いてしまい、椅子に座ることすら難しい状況でした。

【発達凸凹キッズあるある】小さな成長が大きな喜びに――3組の親子の「できたね!」エピソード集Vol.2の画像

Upload By 発達ナビ編集部

今では、洋服の脱ぎ着でも協力動作ができるようになりました。また、要求のサインとして、両手をパチパチと叩くこともできるように。身辺自立や、自分の気持ちを伝えることが少しずつできるようになっています。

今でも発語は難しいけれど、だからこそ、親としては感動の成長です。

エピソード提供:Rさん(4歳の女の子のママ)


就学前検診で「友達はいないよ」。ドキッとしたけれど…!(5歳の男の子)

【発達凸凹キッズあるある】小さな成長が大きな喜びに――3組の親子の「できたね!」エピソード集Vol.2の画像

Upload By 発達ナビ編集部

ASD(自閉症スペクトラム)のある息子と、就学前検診の二次検査に行ったときのことです。

面接官の先生から「お友達はいますか?」と聞かれた息子は、なんと「いないよ」と答えたのです…。

【発達凸凹キッズあるある】小さな成長が大きな喜びに――3組の親子の「できたね!」エピソード集Vol.2の画像
Upload By 発達ナビ編集部

私は焦って「〇〇ちゃんは?」「〇〇くんは?」とお友達の名前をあげました。

すると息子、「〇〇ちゃんや〇〇くんは、なかま!」ときっぱりと答えたのです。

「(クラスメートは)なかま」というのは、保育園の先生が使っていた言葉です。クラスメートのことを認識しておらず「いないよ」と言ったのではなく、先生の言う「なかま」という言葉を理解していたんだなぁと、うれしくなりました。

エピソード提供:F.Tさん(9歳の男の子のママ)

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.