子育て情報『自閉症の息子、こだわりの靴を「もう履けない」。自分から卒業できた理由とは…』

2019年6月18日 07:00

自閉症の息子、こだわりの靴を「もう履けない」。自分から卒業できた理由とは…


「はじめて履いた靴」へのこだわり

『発達障害に生まれて』(松永正訓著/中央公論新社)ノンフィクションのモデルとなった立石美津子です。

どんなにかわいいわが子であっても、子育てには苦労はつきもの。自閉症など障害のある子の子育ては、その特性からさらに大変なことが多くあります。その一つがこだわりに付き合うことではないでしょうか。

自閉症の息子、こだわりの靴を「もう履けない」。自分から卒業できた理由とは…の画像

Upload By 立石美津子

「僕が歩き始めたとき、人生で最初にお母さんが買ってくれた僕の靴。それは10㎝のベージュ色の可愛い靴でした」

何だか歌の歌詞のようですが、そんな淡く美しいものではありませんでした。

「これが靴という物だ」と本人は思ったのでしょう。それを履くことが心地よくなります。そこまではOKでした。

ところが、毎日これを履いていることで次第にパターン化し、「このデザイン以外の物は僕は受けつけません!」となってしまい、こだわりが誕生しました。息子が、1歳のときのことです。

まさか、はじめて買ってやった靴にここまでこだわることになるとは…買った当時は想像もしていませんでした。


10.5㎝に。足が少し大きくなったけれど…

自閉症の息子、こだわりの靴を「もう履けない」。自分から卒業できた理由とは…の画像

Upload By 立石美津子

しばらくの間、10㎝の靴を履かせていましたが、成長と共にきつくなってきました。そこで全く同じ色、デザインの10.5㎝の靴を買ってやりました。ここで私が違うデザインのものを与えていたら、結果は違っていたのかもしれませんが…

たまたま私が同じ靴を続けて買ってしまったことで完全にパターン化し、「この靴でなければならない」となってしまいました。


11㎝の靴を求めて

子どもの足はドンドン大きくなります。10.5㎝の靴も次第にきつくなりました。そこで、同じ店に買いにいったところ、同じデザインのものはありましたが、11㎝の青色の靴しかありませんでした。

それを買い、家に帰って履かせようとしたところ断固拒否、火のついたように泣き叫びました。

翌日のお出かけのとき、ベージュの靴を見せて「これはもうきつくなったから、今日からははかないの。青いこっちの靴よ」と言い聞かせましたが通じず、暴れて履いてくれません。仕方なくきついベージュの靴を履かせたら機嫌が直り、きつい靴を履いて出かけました。

私はメーカーに問い合わせし、他の靴屋に行き、サイズ違いの11㎝、11.5㎝、12㎝の同じデザインのベージュの色を買い置きしました。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.