子育て情報『男子からのちょっかいをスルーできない小3娘。「本気の意地悪じゃない」ことを、身近なあの子の行動で説明してみたら...!?』

2020年2月12日 14:00

男子からのちょっかいをスルーできない小3娘。「本気の意地悪じゃない」ことを、身近なあの子の行動で説明してみたら...!?


学校から帰宅後、娘がいきなり泣き出した理由は…

広汎性発達障害の娘は、小学3年生。
1年生のときは通常学級に在籍し、2年生からは特別支援学級に在籍しながら、国語と算数以外のほとんどの時間を、交流学級で同級生と過ごしています。

ホームルームや休み時間、掃除や給食…みんなと仲良く順調に過ごしていると思っていたのですが…3年生になったある日、学校から帰ってきた娘の元気がありません。

気になってどうしたのか聞いてみると、いきなり泣き出しました。

男子からのちょっかいをスルーできない小3娘。「本気の意地悪じゃない」ことを、身近なあの子の行動で説明してみたら...!? の画像

Upload By SAKURA

「男子が『死ね』とか『バカ』とか言ってくるのが嫌だ」ということでした。

小学生…そういう言葉を使ってみたいお年頃です。悪い言葉に惹かれてしまうのでしょう。自分が小学生のときを思い出してみても、そういうシーンはたびたびありました。

夫にも相談してみましたが、

男子からのちょっかいをスルーできない小3娘。「本気の意地悪じゃない」ことを、身近なあの子の行動で説明してみたら...!? の画像

Upload By SAKURA

夫も私と同じ意見。

私はどう対応すればいいか迷いましたが、まず娘の気持ちを聞き、
「嫌だよね~わかるよ~ママも小学生のときそんなことあったよ。」とその気持ちに同調しました。


この時期特有のものに、どう対処するべきか…

それからさらに数日経つと…

男子からのちょっかいをスルーできない小3娘。「本気の意地悪じゃない」ことを、身近なあの子の行動で説明してみたら...!? の画像

Upload By SAKURA

今度は娘が「隣に男の子が来てほしくない」と言うようになりました。

どうやら娘は、言葉だけではなく、ちょっかいをかけてくることに対しても苦痛に感じているようでした。

叩く真似をしてくる…虫を見せにくる…大きな声を出してくる…これらも、やはり今の時期特有の部分でしょう。

娘が苦痛を頻繁に訴えるようになり、学校でも男の子とのやり取りで泣き出すようになったと連絡帳にも書かれるようになったので、私は担任の先生に相談に行きました。

男子からのちょっかいをスルーできない小3娘。「本気の意地悪じゃない」ことを、身近なあの子の行動で説明してみたら...!? の画像

Upload By SAKURA

小学生を見るプロである先生たちの意見も、私たちと同じものでした。

先生方は、娘がこのことで「学校に行きたくない」と言い出すかもしれないと心配してくれ、話し合いの結果、今後席替えのときは娘とクラスメートの相性を踏まえた座席にしてくれることに。

そして娘が嫌なことを言われたときは、すぐ仲裁に入ってくれることになりました。


聞こえただけで嫌な気持ちに…無視もできない…

『死ね』や『バカ』は使っていい言葉ではありませんし、人の嫌がることはしてはいけません。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.