子育て情報『「シュウが自閉症じゃなかったらと思わない?」双子の次男への問い。その返答に思わず心打たれ...』

2020年11月30日 07:00

「シュウが自閉症じゃなかったらと思わない?」双子の次男への問い。その返答に思わず心打たれ...


会話が難しい長男に対する次男の関わり方

双子の次男は読書が大好きで、歴史や生物、法律の本など読みあさっています。
一方、自閉症の長男はひらがなを全部読むことができません。また、発語も単語がぽつぽつと出るくらいでなかなか会話にはなりません。
そのため二人で仲良くおしゃべりしたり、 一緒に本を読んで共感したり、会話を交わしたりすることはとても難しいです。にも関わらず、次男は長男が大好きで部屋の中で追いかけっこをしたり、手押し相撲をしたりと、何かと長男に働きかけ遊ぼうとしています。

「シュウが自閉症じゃなかったらと思わない?」双子の次男への問い。その返答に思わず心打たれ...の画像

Upload By シュウママ

小学6年生の現在も、次男はせっせと長男をくすぐっては関心をひこうと努力しています。


特別支援学校のママ達と話すと、やはりきょうだいとの関わりに頭を悩ませていて...

我が家がそんな感じなので、そういうものだと思っていた私。しかし、長男の通う特別支援学校のママたちと話しているときに、とても驚きました。なぜなら、だんだんと定型発達の子と障害のあるきょうだいとの関係が、うまくいかなくなっているという話が多かったからです。奇声をあげて感情をコントロールできない障害のあるきょうだい児に対して、定型発達のきょうだいが疎ましそうにしていたり、腹をたてて怒鳴ったりといったことが増えているとのこと。

「シュウが自閉症じゃなかったらと思わない?」双子の次男への問い。その返答に思わず心打たれ...の画像

Upload By シュウママ

それは実際に私も長男を見ていて、ありそうなことだなと思います。我が家も今は仲良しですが、いつかは次男が長男の存在を疎ましく思うときがくるかもしれません。


「シュウが自閉症じゃなければいいのにって思わない?」そう聞いてみると意外な答えが…

けれどいま、我が家ではそんな様子はありません。私は、「次男は長男のことをどう思っているのだろう?」と疑問に思い、ストレートに次男に聞いてみました。

「シュウが自閉症じゃなかったらと思わない?」双子の次男への問い。その返答に思わず心打たれ...の画像

Upload By シュウママ

「自閉症じゃなければ一緒の学校に通えたし、話もできたのにと思ったりはしないの?」
すると次男はしばらく考えて「僕、自閉症について調べたんだよね」との答えが返ってきました。「脳機能の先天的な障害って書いてあったよ。それはシュウのせいじゃないんだから仕方ないでしょ。生物には解明できてないことがたくさんあるんだよ」
ああ、まあそうだけどね…。
「それにさ、シュウかわいいじゃん。もし、シュウが自閉症じゃなかったとしたらどうだったかな。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.