子育て情報『観察して描くことが苦手な自閉症息子。3時間かけたアサガオの絵に、息子の世界を感じて』

2021年8月4日 06:15

観察して描くことが苦手な自閉症息子。3時間かけたアサガオの絵に、息子の世界を感じて


小学校1年生夏休みの宿題

観察して描くことが苦手な自閉症息子。3時間かけたアサガオの絵に、息子の世界を感じての画像

Upload By まゆん

夏休みに、アサガオの絵を描く宿題があった。ある日、アサガオもきれいに咲いていたため太郎に「アサガオの絵を描こう」と誘った。すると、太郎の顔は一瞬で曇った。

太郎は保育園時代から何かを見て描くことが苦手だった。このときも、スムーズにはいかないだろうなとは感じていた。それでも太郎はアサガオの前に座って観察をしていた。が…

観察して描くことが苦手な自閉症息子。3時間かけたアサガオの絵に、息子の世界を感じての画像

Upload By まゆん

太郎は「ううう」「うあああああ」「むずかしい」「むずかしい」と言いながら身体を反らせたり、寝転がったりしていた。しかし決してアサガオの前からは逃げようとはしなかった。悶えながらも眉間にしわを寄せ、真剣にアサガオと向き合っていた。

観察して描くことが苦手な自閉症息子。3時間かけたアサガオの絵に、息子の世界を感じての画像

Upload By まゆん

観察して描くことが苦手な自閉症息子。3時間かけたアサガオの絵に、息子の世界を感じての画像

Upload By まゆん

太郎にこのくねくねはどこの部分か尋ねると、顔をこわばらせ、答えなかった。答え方がわからないのかと思い、具体的に指を差してこう質問した。

観察して描くことが苦手な自閉症息子。3時間かけたアサガオの絵に、息子の世界を感じての画像

Upload By まゆん

観察して描くことが苦手な自閉症息子。3時間かけたアサガオの絵に、息子の世界を感じての画像

Upload By まゆん

観察して描くことが苦手な自閉症息子。3時間かけたアサガオの絵に、息子の世界を感じての画像

Upload By まゆん

太郎は、ゆっくりとアサガオの花びらの縁を指さした。私は気づき、そしてハッとした。

「たしかに、そうだ」

観察して描くことが苦手な自閉症息子。3時間かけたアサガオの絵に、息子の世界を感じての画像

Upload By まゆん

この花びらのくねくねのリアルさを太郎は一生懸命描こうとしていた。「難しい」とうなっていた理由がわかった。

アサガオの花弁はくねくねしていて、それをもっとクローズアップして見てみるとさらにくねくねしていた。太郎はきっとそこまで観察していたに違いない。3時間も…。

観察して描くことが苦手な自閉症息子。3時間かけたアサガオの絵に、息子の世界を感じての画像

Upload By まゆん

このほかにも「木を描いてください」という課題で、「難しい」「難しい」と言いながら描いたのは木の根っこというエピソードもあります。全体像をとらえることが苦手で、細かいところに焦点をあてがちな太郎は、私とは全く違った物の見え方をしているのではと感じました。

細かくものを見るため、「難しい」という言葉が出るのはあたり前なのかなと思ってます。しかし全ての絵が苦手ではなく、想像画は得意としてます。想像画では太郎の世界を楽しく、私を魅了させるほどのかわいい絵を描いてくれます。肉眼で見たものを模写することが苦手なようで、スケッチの授業でも先生の手助けを受けながら描いていました。

このアサガオの絵も結局太郎の画力が追いつかないこともあり、私と一緒にシンプルなアサガオを描いて学校には提出することになりました。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.