子育て情報『小5での障害告知から9年、「地獄に落とされたようなショックだった」ADHD息子の思いとは?』

2021年10月23日 06:15

小5での障害告知から9年、「地獄に落とされたようなショックだった」ADHD息子の思いとは?


息子に発達障害があることを本人に告知したのは小5のころでした

小5での障害告知から9年、「地獄に落とされたようなショックだった」ADHD息子の思いとは?の画像

Upload By かなしろにゃんこ。

ADHDと広汎性発達障害がある息子リュウ太が発達障害の診断を受けたのは小4のときでした。児童精神科のクリニックの臨床心理士さんには「本人への告知は道理がわかる年ごろになってからがよい」というアドバイスをもらっていた私ですが、リュウ太への療育のことを考えると本人に告知したほうがやりやすいと思い、リュウ太が小5の秋に告知したのでした。

小5での障害告知から9年、「地獄に落とされたようなショックだった」ADHD息子の思いとは?の画像

Upload By かなしろにゃんこ。

その後、中学生になったリュウ太は学校に置いてある発達障害の本を読んで、自分でも発達障害とは何なのかを更に勉強したと言います。ですが、反抗期の期間は親を避けることが多かった息子は、療育などがあまり進まず母は焦るばかりでした。トホホ…

小5での障害告知から9年、「地獄に落とされたようなショックだった」ADHD息子の思いとは?の画像

Upload By かなしろにゃんこ。

告知はしたものの親を避けている時期、息子とは発達障害や特性についてあまり話すことができていなかったのですが、反抗期が終わりかけた17歳くらいから(終わるの遅っ)私は、親子の会話の中でADHDや発達障害などの言葉をよく出すようにしました。

小5での障害告知から9年、「地獄に落とされたようなショックだった」ADHD息子の思いとは?の画像

Upload By かなしろにゃんこ。

発達障害があることは、隠さなければならないものではないと思っていたので、特性が原因での困りごとやトラブルが起こったときには「ADHDの特性で思いついたらやっちゃうこともあるから、相談してね」と伝えたり、生活の中で何か工夫できないか親子で考えるためにあえて言葉にして、言うようにしました。そうして忘れ物対策、衝動的に夜間騒音をたてないための相談や話し合いなど、親子で大ケンカにならずに進んでいったと思います。…でも、「告知はあの時期で良かったんだろうか…?」とその後も私はずっと考えていました。

小5での障害告知から9年、「地獄に落とされたようなショックだった」ADHD息子の思いとは?の画像

Upload By かなしろにゃんこ。

息子が20歳のときに「発達障害の告知を受けたときにどう思った?」と聞いてみました。息子は「地獄に落とされたようにショックだったな」と言いました。

そして、発達障害という言葉にショックを受けたと当時のことを思い出しながら語り出しました。「子どもだったから“発達障害って何?ADHDってどういう意味?”って、そもそもよく分からなかったけど『障害』って言葉に驚いたんだよね。お母さんに『ADHDってこうなんだよ、リュウ太が忘れ物をよくするのはADHDの特性で~…』とか説明されたときは落ち着いて聞けなかったんだけど、数日頭から離れなくって。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.